2015年10月29日

京都の街造りと江戸、東京の街造り、徳川家康と天海僧正:鬼門・裏鬼門封じと地鎮信仰で構築した都市デザインについて!

京都の街造りと徳川家康と天海僧正:鬼門・裏鬼門封じと地鎮信仰で構築した都市デザインについ
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1946091456&owner_id=8712738
                2015年09月16日07:19
             全体に公開 みんなの日記 90 view.

 京都は四神相応の玄武、朱雀、東龍、白虎の東西南北の街造りで街を守るエンクローズ、囲いとなっており、それに北北東に鬼門に、最澄の比叡山、延暦寺を、南南西に裏鬼門、空海の八幡山、東寺を設け、京都の守りの街造りに桓武天皇、嵯峨天皇時代に作りました。

 それと同じ発想で徳川家康が江戸(東京)に幕府を開くに当たり、江戸の街造りに京都を模した徳川家康と天海和尚が興味深い街造りをしている記事を見つけました。


 以下に転載するのですが、鬼門の結界を壊したと言われる、あの東京スカイツリーが出来上がる前にあの悪夢の311、東日本大震災が起こっております。東京も大きな被害を受けました。

 (参考に

 阪神淡路大震災が起こった時も明石海峡大橋のメインロープが四国、淡路の狸、神戸の狐<鬼門、裏鬼門の相関>がつながった時にあの淡路大震災が起こっております。)

 鬼門や陰陽道の考え方が単なる風習だけで片づけられない理由があると言わる中、東京スカイツリーが鬼門、裏鬼門の結界からずれていると言うのですが、東京スカイツリーが鬼門の結界を壊していると言われています。

 そんな中、あの311、東日本大震災後、頻発する地震、火山の噴火、風水害など大被害が続発しています。


 厄病神、貧乏神、亡国、売国の徒、安倍晋三を辞めさせない限り、世の中は収まらないし、こんな馬鹿な安倍に任せていると地獄を見るに違いない。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1946049947&owner_id=8712738とも書きましたが、今、西欧、アメリカ的な思想に、思考に塗り替えられ、吹き込まれておりますが、こんな見方もあるを参考にして頂ければ幸いだし、関東、東京に直下型大震災が起こらないことを願って以下に転載記事を転載します。

     転載開始
 
 徳川家康と天海僧正:鬼門・裏鬼門封じと地鎮信仰で構築した都市デザインについて
http://shutou.hatenablog.com/entry/2014/12/26/074845

今日(12月26日)は、徳川家康が生誕した日(天文11年12月26日(1543年1月31日))です。

以前、鬼門※)に関する整理の中で江戸の件について少し触れましたが、そこに関わる天海僧正とその都市デザインについて、簡単に整理しておきたいと思います。
※)『陰陽道 鬼門について』も参考にしてください。
※)もうひとつの話題については、こちらを参考にしてください。
 ・三英傑と光秀にみる、相生相剋の関係

江戸城・皇居は風水や鬼門を緻密に計算して作られていたと言われていますが、これらを最大限に利用した代表的な歴史上の人物は、徳川家康です。
その江戸城に徳川家康が幕府を置いたのは、天台宗の大僧正・天海の勧めだと言われています。
天海僧正は、陰陽五行説にある「四神相応」の考えを元に江戸城を中心として四方結界を張り、
・北を守護する上野の寛永寺
・鬼門(東北)を守護する神田明神
・南を守護する増上寺
・裏鬼門(西南)を守護する日枝神社
を建築しました。
また、徳川家とゆかりが深い東京タワーの麓にある増上寺は東京の守り神と言われおり、この増上寺から鬼門の北東に向けて直線上にはお寺や神社をずらりと並べ、不吉とされている鬼門の方角を寺や神社で封じ清めたと言われています。
江戸の三大祭といえば、湯島の神田神社の神田祭と浅草寺(幕府の祈願所とし、家康を東照大権現として祀っていた)の三社祭と日枝神社の山王祭ですが、これらの祭は江戸城の鬼門と裏鬼門を祀り浄める意味合いが秘められていました。
そして、徳川家の菩提寺となった寛永寺と増上寺、それに神田神社を結ぶ直線と、浅草寺と日枝神社を結ぶ直線が交わる点には、江戸城が位置していることがわかります。
そして、鬼門とともに厄除けで重要な方位が北ですが、江戸の真北に日光東照宮を建立し、亡くなった後も自らが関東の守り神として260年もの長きに渡り、江戸を守護していたと言われています。

さらに天海は、鬼門・裏鬼門封じと地相といった陰陽道の力だけでなく、平将門公の地鎮信仰も利用しています。
大手町の首塚で有名な平将門公ですが、そもそもこの地の近隣には神田神社があり、将門公の胴体を祀っていました。(神田とは「からだ」に由来するとも言われています)
天海は首塚はそのまま残した上で神田神社を湯島の地に移しています。

実は、将門公の身体の一部や身につけていたものを祀った神社や塚は江戸の各所に存在し、それらは全て主要街道と「の」の字型の堀の交点に鎮座していると言われています。
・首塚は奥州道へと繋がる大手門、
・胴を祀る神田神社は上州道の神田橋門、
・手を祀る鳥越神社は奥州道の浅草橋門、
・足を祀る津久土八幡神社は中山道の牛込門、
・鎧を祀る鐙神社は甲州道の四谷門、
・兜を祀る兜神社は東海道の虎ノ門
という配置です。
これら主要街道と堀の交点には橋が架けられ、城門と見張所が設置されて「見附」という要所にしたのですが、天海はその出入口に将門公の地霊を祀ることによって、江戸の町に街道から悪霊が入り込むのを防止する狙いがあったとみられています。
天海は、民衆が奉じる地鎮の信仰と機能的な町づくりを上手く融合させた上で、江戸の町を守護する仕組みを見事にデザインしていた訳です。
 
このように、江戸の町は街道や掘割といった機能面での仕組みに加え、天海の徹底した鬼門・裏鬼門封じと地相、地鎮信仰を使って構築されたもの。
一度は焼け野原になりながらも現在の東京の発展の理由のひとつは、天海が敷いた完璧な都市デザインがベースにあったから、と言えなくもないのかもしれません。

なお、こうした方除け寺社は各地にもありますが、江戸では伝通院(徳川家康の生母伝通院の菩提寺。鬼門の上野・寛永寺、裏鬼門の芝・増上寺とともに、江戸城下を守護する徳川将軍家菩提寺として江戸三霊山とされた)、築土神社・筑土八幡神社(鬼門の神田明神、裏鬼門の山王権現(日枝神社)とともに江戸三社に数えられることがある)。
関東では、妙義神社(関東平野の北西の妙義山に位置し、関東の鬼門に位置する日光山(輪王寺、二荒山神社)、裏鬼門に位置する箱根山(箱根権現・箱根神社)とともに関東の守護神として、徳川将軍家の厚い崇敬を受けた)、世良田東照宮(徳川家康を祀る徳川氏氏神の東照宮を配し、鬼門の日光東照宮、裏鬼門の久能山東照宮とともに徳川将軍家を守護した)などが、守護と家運永久子孫繁昌を願って建立されています。

もう少し余談を加えておきます。

徳川の繁栄に万全を期すため、将軍家に世継ぎが生まれなかった場合は、徳川御三家の尾張あるいは紀州から世継ぎを迎える形で、しっかりといた血筋を絶やさない仕組みを構築していました。
そんな中、徳川御三家の水戸は江戸城から見て鬼門の方位だったため、常に江戸にあって将軍家を支えつつも、決して将軍を出してはならないという決まりがあったそうです。
そもそも徳川幕府を作り上げるときに、水戸から将軍を出すときが幕府の終わるときである、という訓戒があったためなのですが、結局徳川最後の将軍徳川慶喜が最初の水戸出身だったために、二百六十年もの間戦乱もなく平和が続いた江戸時代は、ここで絶える訳です。

当時は世界でも稀に見る大変革の時代ですが、これひとつとっても鬼門や陰陽道の考え方が単なる風習だけで片づけられない理由がそこにあるのです。

4409520350

さて、ではもうひとつ、ふたつほど関連した話題に触れておきます。

ここからはかなり都市伝説に近い話しも含まれています。
信憑性の真偽もあるので、ご興味や話題性の範疇としてご理解ください。
話題は、明治時代以降の結界についてです。

徳川幕府が終わったことで、その封印が解けたと判断した明治政府は、改めて鬼門を封印しようと試みます。
現に明治政府は平将門公にまつわる七つの神社を分断するように、靖国神社を中心として結界にしたといわれています。
明治政府の結界の基点は以下です。
・靖国神社・・・国のために戦死した人々を顕彰
・谷中霊園・・・明治6年に出来た神式公共霊園
・雑司ヶ谷霊園・明治6年に出来た神式公共霊園
・築地本願寺・・江戸最大の庶民の墓所
・青山霊園・・・明治6年に出来た神式公共霊園
 ※)谷中霊園から青山霊園を結ぶエリアは、靖国神社を中心に正確な長方形をなしています。

しかし、その後も日清戦争(1894年から1895年)、日露戦争(1904年から1905年)、第一次世界大戦(1914年から1918年)といった戦争混乱の時代が続いたことから、度重なる戦乱を将門の呪いと考え、さらに強力な結界を作ることを計画。
その結界こそ、霊的に非常に強い結界力を持つと言われる鉄の線路で囲んだ山の手線と言われています。
1883年(明治16年)7月28日に上野駅を起点として開業し、市街を巡る大都市の基幹交通路線として運行を開始したのは1909年(明治42年)でした。
そして、環状運転が実施される(=結界が完成する)直前の1923年、東京を関東大震災が襲ったのです。
結果山手線が完成したのは1925年のことですが、それでも結界の力は十分に働かず、第二次世界大戦へと突入した、と言われているそうです。(どうとらえるのかはあなた次第です)

更に、東京にまつわる災害の符号ですが、そのひとつにタワーがあると言われています。

まずは、凌雲閣。
これは1890年に開業し、大正末期まで東京・浅草(浅草寺の近く)にあった当時の建築物としては最高の12階建ての塔です。
凌雲閣は「浅草十二階」とも呼ばれていたのですが、1923年の関東大震災で半壊し、その後取り壊して二度と建て直すことはありませんでした。
山手線による結界を完成しようとやっきになっていた時期と一致します。

そして東京タワーと東京スカイツリーです。
東京タワーは、皇居から見て裏鬼門を守る一角として設計されており、一種の鬼門封じであると言われていました。
しかし、一昨年(2012年5月)に東京スカイツリーが完成する直前、東日本大震災が起きています。
実は東京スカイツリーと東京タワーを線で結ぶと、上記で述べた明治政府が敷いた靖国神社を中心とする長方形の封印や山手線の結界を切り裂く形になっているのです。
霊峰富士山から東京八王子の高尾山に続く龍脈は東京の中心・皇居へと流れていると言われていますが、鬼門方向に建てられた東京スカイツリーが結界を壊しているとなると、この龍脈の流れが止まったり濁ったりしている可能性があり、鬼門の封印自体が年々弱まっているということすらあります。

高いタワーや塔というものは、戦争や争いを喚起する建造物と符号するのではないか、と思わせるような話題ではあります。
これらを都市伝説としてとらえるかはあなた次第ですが、こうした内容だけを妄信するのではなく、自らの意志で理解、判断する力も持つべき時代に来ているように感じます。

そういった意味でも、自身の精神性が試される時期なのかもしれません。
posted by てんぐゆうたろ at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会、歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

アメリカ経済 ドル体制の終焉:何故?何故?この感性がアメリカボケ、自民党ボケの人達には理解出来ないんだろうなぁ!?

 何故?何故?この感性がアメリカボケ、自民党ボケの人達には理解出来ないんだろうなぁ!?
ぁ!?
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=8712738&id=1943780517
               2015年07月04日11:07
            全体に公開 みんなの日記 62 view.

 日本よ、いまこそ米国から自由になれ! マハティール・元マレーシア首相http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/773.htmlアメリカボケ、自民党ボケの人達には理解出来ないんだろうなぁ!?

 <アメリカ経済 ドル体制の終焉 http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2007/03/post-5c5e.html と何年(2007年)も前に、冗談や戯言、ゲーム、目覚まし時計でなく現実にドルが、円が、国債が紙切れ、紙くずになる時代だ! (天狗のささやき)
http://www.asyura2.com/11/hasan72/msg/789.htmlのブログに書いていた通り、もうアメリカに時代じゃないが一般の人達は判ってないのだろうか? >

 ギリシャがブリックス入り、BIN・マケイン国が四日に全米テロ、新幹線テロ犯人が40代から71歳の爺に変身http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/761.html何が何でも林崎春生容疑者を犯人に仕立てあげたいようだhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1943752091&owner_id=8712738 新幹線テロもNYテロ同様やらせだ!

 ギリシャがブリックス入り、BIN・マケイン国が四日に全米テロ、新幹線テロ犯人が40代から71歳の爺に変身ですhttp://www.asyura2.com/15/cult14/msg/761.htm 何が何でも林崎春生容疑者を犯人に仕立てあげたいようだhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1943752091&owner_id=8712738 政府主導のやらせドラマだね!

 ギリシャがブリックス入り、BIN・マケイン国が四日に全米テロ、新幹線テロ犯人が40代から71歳の爺に変身ですhttp://www.asyura2.com/15/cult14/msg/761.htmlこの感性が安倍ヨイショの米国ボケ、自民党ボケのNHKらや電波芸者の御用評論家、学者らには理解出来ない?

 とつぶやき、ツイートしたがーー

 何故?何故?アメリカボケ、自民党ボケの人達には理解出来ないんだろうなぁ!?

 スプ・ギリシャがブリックス入り、BIN・マケイン国が四日に全米テロ、新幹線テロ犯人が40代から71歳の爺に変身です。
http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/761.html

 ギリシャも沖縄もモテモテで、EUも金は返して貰いたいし、別れたくないしで、要は便利な女状態で、借金をチャラにするか、中露との再婚を祝福するか二つに一つで、内定者にいいように弄ばれてきた経験から言うと、慰留は諦める事です。

 というか、もう白人の時代はとっくに終わった事をロシアのように気がつかなければいけません。沖縄知事も、実は安倍の飼い主が右往左往していて、独立するぞワリャー一本でいけると分かった筈です。
 
  貿易二位に転落し、エネルギー支配も二位に転落した米国の基地に甘んじる必要など全くなく、それぞれ一位に浮上した中露同盟がサポートしてくれている訳だから、米軍も追い出せるし、追い出せても日本から独立したければできるし、中国の属国になるのならないのといった心配は余計なお世話な訳です。

  沖縄は、辺野古やめろー、戦争やめろー、沖縄を戦場にするなー、それが嫌なら出てけー、の四つを南無南無するだけでよく、説教新聞を取らされたり、究極のお布施をさせられたり、大作一筋とか宣誓させられる事もなく、ただ四つの題目を唱えるだけで願いが叶う訳ですから創価より簡単です。

 それに、今や7000人のお坊さんが味方ですから、幸福独立教は安泰な訳です。

 それに引き換え、ジハードジョンマケインは未だにイスラム国詐欺に執着し、独立記念日に全米でドカンとやるそうで、あんたも好きねーという感じです。

 ロス疑惑のパンツ一丁野郎と同じで、少年時代に放火で逮捕されたけどその後は品行方正でSMクラブも常識の範囲で入りしてたけど、真面目に生きてきたのに女房が二人も死んで悲しいよー、巨額の保険金二回も貰ったけどお金じゃこの悲しみは癒えないよーだからまたSMクラブに入り浸ってパンツ一丁になってますがなにかおかしいですかみたいな保険金殺人変態野郎も白々しかったですが、その上を行くど厚かましさで、イスラム国=共和党、アルカイダ=民主党で、お前ら何がやりたいのと小一時間説教をしてやりたくなる馬鹿さ加減です。

 新幹線テロもどうせ連中が企画して背のりにやらせて計画よりうち場で中途半端な結果になってしまったのだと思いますが、当初は氷河期世代位だったのが団塊暇人親父が犯人になってしまい、派遣より多いけど正社員より少ない年金が不満だったから新幹線を爆破する事にしたとか、チロの復讐で元次官を殺しちゃったけど苗字は小泉と同じでーす、と同じでキャラ設定がいい加減で、第一、バイト世代からすると、くそ爺俺の倍貰っててブラック企業でこき使われてる訳でもないのにふざけんなーと言いたくなるでしょうし、どこの会社定年したんだーという事にもなり、やっぱ、就職活動に敗れて自暴自棄になった非正規のネットカフェ難民に変更とかなりそうですが、ドル詐欺陣営ももっとましな放送作家使えーと言いたくなる酷さです。

 もうこれ以上ドタバタするのもやめて、箱根ドカンも諦めて、中露に席を譲る事で、プーチンに瓦割りみたいな肩叩きを食らわないうちに永年勤続表彰会場に向かう事です。
posted by てんぐゆうたろ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会、歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

大阪、難波宮、遷都に結び付く乙巳の変から壬申の乱など見ると、その当時の歴史だけでなく今が見えるのではないだろうか?

 難波宮、遷都に結び付く乙巳の変、その当時の歴史だけでなく今が見えるのではないだろうか?
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=8712738&id=1942353691
                 2015年05月22日06:21
              全体に公開 みんなの日記 29 view.

 私は今、大阪市立歴史博物館のボランティアガイドをして外人や子供らに大阪にあった難波宮などの成り立ち、またそれらの遺跡、考古学とは何ぞやなどをガイドしている。

 これらを見ていると以下に書いた乙巳の変などは舒明天皇の皇后、皇極天皇(斉明天皇)の子、中大兄皇子や中臣鎌足らを使って蘇我入鹿を殺した様は、まさに鳩山由紀夫を首相として二度目の政権交代を成し遂げた小沢一郎を排除したい、既得権益を失いたくない米、悪徳ジャパンハンドラーのCSISらやその狗、手先の売国奴官僚らが菅、野田らを使ってのクーデターで、有馬皇子の変などをみれば、当に小沢排除することで孝徳天皇(安倍晋三)を祭り上げるのと非常によく似ている。

 また白村江の戦いなどは当時は百済に新羅の戦いに唐が加わり、日本の斉明天皇、また息子の中大兄皇子、大海人皇子や更に大田皇女、額田王、中臣鎌足の他、多数の従者を引き連れ難波津から伊予の熱田津に渡り、更に那大津(博多、福岡)に拠点を移し、百済救済の為に大軍を率いて朝鮮に船出する。

 それらを見ていると今様に仮想敵国、中露、北朝鮮やイスラム国を作り、アメリカの為に自衛隊を海外に遠征させ、アメリカの戦争に加担する集団的自衛権を行使して多くの自衛隊員を送るのを想起させる。


 以下の事柄などを上記のように古い歴史を今様に置き換えて、その場面、場面を今のスティエーションに当てはめて行くと次はどうなるか想定、推測出来る。

 当に温故知新、古きを温ね、新しきを知るはまさに歴史の面白さ、歴史の利点である。

 そのように見て、考えると難波宮を見ただけで以下の歴史模様が走馬灯の如く、まるで大スペクタクルの映画のように想像される。


 以下のURLをクリックしてみると歴史だけでなく今が見えるのではないだろうか?

乙巳の変
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%99%E5%B7%B3%E3%81%AE%E5%A4%89

 乙巳の変(いっしのへん、おっしのへん)は、中大兄皇子、中臣鎌子らが宮中で蘇我入鹿を暗殺して蘇我氏(蘇我本宗家)を滅ぼした飛鳥時代の政変。その後、中大兄皇子は体制を刷新して大化の改新と呼ばれる改革を断行した。俗に蘇我入鹿が殺された事件のことを指して「大化の改新」と言うこともあるが、厳密にはクーデターである「乙巳の変」の後に行われた一連の政治改革が「大化の改新」である。

 難波宮
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A3%E6%B3%A2%E5%AE%AE

 有間皇子の変
http://www.asuka-tobira.com/arimamiko/arimamiko.htm

 (有馬皇子の変
http://history.kaisetsuvoice.com/Arima.html
中大兄 飛鳥に帰る

 白村江の戦い
http://www.asuka-tobira.com/hakusonkou/hakusonkou.htm

 舒明天皇、皇極皇后の子供、中大兄皇子、大海人皇子、孝徳天皇(皇極天皇の弟)、間人皇后(皇極天皇の子供、中大兄皇子、大海人皇子の姉弟)

 660年百済滅ぶ
 659年、斉明天皇は蝦夷を連れた遣唐使を百済と敵対する唐に遣わした。唐はこの時百済に攻め入ろうとしていた。百済は新羅へ再侵攻したが、唐の高宗は新羅の軍とともに百済の都であった扶余(ふよ)に攻め入り、百済の義慈王(ぎじおう)は降伏する。こうして660年7月18日、百済が滅亡した。
 この後、百済使が百済の滅亡を伝えに日本に来航、当時の日本(倭国)にとっては大きな衝撃となった。
 唐は百済を統治し始めるが、それに対抗して、百済の元有力貴族等が反乱軍を結成する。その中心人物となったのが鬼室福信(きしつふくしん)だった。660年10月、鬼室福信は百済王朝を再建させるために倭国に次のような要請をしてきた。
 「631年から人質として倭国にいる王子(豊璋:ほうしょう)を国王位につかせるため送還してほしい。」
 (倭国から百済復興のための援軍を送ってほしい。)

 鬼室福信の要請に対して、斉明天皇は百済王朝再建を約束し、自ら飛鳥を出て筑紫(九州)へ移ることにした。筑紫へは、各地で武器を調達し、兵を集めながらの長旅となった。同行者には、中大兄皇子、大海人皇子、大田皇女、額田王、中臣鎌足の他、多数の従者。飛鳥から筑紫への遷都とも考えられる大移動となった。
http://www.asuka-tobira.com/hakusonkou/hakusonkou.htm

 その後に起る

 壬申の乱
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%AC%E7%94%B3%E3%81%AE%E4%B9%B1の結果、中大兄皇子(天智天皇)の子、大友皇子を殺した、中大兄皇子(天智天皇)の弟、大海人皇子【天武天皇】が即位するが、天武天皇の崩御で持統天皇になって行く過程で藤原宮に移る際に孝徳天皇が作った前期難波宮は放火されたのではないだろうか?

 と書いたように、日本の首都は高津宮から飛鳥(宮)京、難波宮と都は天皇と共に移って行ったのが見てとれます。

  参考に
 日本の首都を訪ねて
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kazu_san/syuto.html

 現在の日本の首都は東京と言うことになっている。
過去において日本の首都は、時代の移り変わりとともに替わって来た。
古代には、天皇の住まいは一世ごとに移転され、宮(みや)と呼ばれる宮殿があった。
後には、中国王朝の影響で京(みやこ)が造営されるようになり、天皇は京の中の内裏(だいり)にお住まいになり、これを皇居とした。そこは、政治の中心でもあった。つまり、皇居のあるところが、「首都」であった。
都を移すことを、「遷都」といい、天皇の「詔(みことのり)」が発せられる。
都を平安京に移すという、桓武天皇の「詔」以降、実は「遷都」の「詔」は出ていない。
それには歴史上のいろんな問題があるのだが、それでもって、日本の首都は今なお、京都であるという説もある。

天皇の在所を示す玉座である高御座(たかみくら)が安置されているのは今も京都御所である。
1990年(平成2年)に、現在の天皇の即位の礼が東京で挙行された時は、京都から一時的に運んだ。
そして、日本の首都を東京とする法律は、今なお、発布されていない。
posted by てんぐゆうたろ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会、歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする