2016年01月20日

アメリカ、ドル体制の崩壊、アメリカの終焉、2016年2月19日にドルが完全崩壊して経済が破壊される!

 アメリカの終焉、2016年2月19日にドルが完全崩壊して経済が破壊される!
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949670802&owner_id=8712738
             2016年01月20日05:33

 今までの常識、定説、成功体験、肩書き、学歴など全て通じない時代になると書いていた通りの時代になりました!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/256338249.html

 不正選挙で捏造、作られた安倍再首相、安倍再自公政権は民主党の菅、野田政権時より悪くなると書いていた通りになって来た!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/379715886.html

 ドル体制の崩壊、アメリカの時代は終ったのに日米の深化だと従米、隷属の安倍晋三、安倍自民党らに任せていて良いのか?
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=8712738&id=1940115998

 アメリカやNATOらの時代は終わった! 地政学的に沖縄に米軍基地が必要、その固定観念、洗脳から卒業すべきじゃないのか?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948321857&owner_id=8712738

 と言ったことを書いていた通りでーー

 アメリカボケ、自民党ボケの人達や安倍ヨイショの偏向報道を繰り返すNHKや大マスコミ報道を鵜呑みする軽佻浮薄、ミーハーの人達には歴史が動き、パラダイムシフトしているが理解出来ないらしい。

 戦後70年、アメリカの終焉がはっきり見え、「2016年2月19日にドルが完全崩壊して経済が破壊される」のが其処に来たようだ。


 以下の転載記事を読めば理解出来るんじゃないかと思うのでよく読んで欲しい。

 ロン・ポールの警告「2016年2月19日 ドル完全崩壊」(カレイドスコープ)
http://www.asyura2.com/15/hasan104/msg/572.html

 株価1万4500円予想も 底なし東京市場を襲うさらなる暴落(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/hasan104/msg/516.html

 ロイ・米株は更に20%下落。電子商取引時代にNYに市場がある必要はなく、フィンテック時代は市場自体が不要です。
http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/562.html

 ドル詐欺原油29ドル、ポンド詐欺原油28ドル、採掘コストは3ドル、貴金属も同じで、希少詐欺でピンハネしてきた訳です。
http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/561.html

 以前、宝石鑑定士の資格を持つ友人が冗談とも本気ともつかない言い方で、ダイヤを掘りすぎたら埋め戻すとか海に捨てるとか言っていたのを思い出しますが、今ならそうだわなあと合点がいきます。

 子供の頃はバナナがやたら高かった世代ですが、バナナもくそじじいが買い占め売り惜しみで吊り上げていたのだと思いますが、原油枯渇詐欺もバレて、温暖化詐欺もバレて、戦争詐欺もやりにくくなって、エレベーターガールみたいに軒並み下へ参りまーすという感じな訳ですが、よくも粗利を何十倍も上乗せしてきたものです。

 また、代替やフリエネを妨害しまくってきたもので、腐り果てた性根に呆れてしまいます。
しかし、連中の詐欺ももうネタ切れで、一応、天体詐欺はやらないと気が済まぬようで、宇宙パチンコの神の杖兵器は準備しているようですが、大恐慌詐欺の方は、爆買いと原油バーゲンセールに押されて、とても恐怖やパニックを起こせる雰囲気ではなく、ダマスゴミの大騒ぎも余計にしらけを誘います。

 もう、連中が何を繰り出してきても、連中の性根に世界中が立腹していますから、仏教過激派を登場させようが、お空にお絵描き兵器を使おうが、今までぼろ儲けしてきた分耳を揃えて返せやー、アトラクションとか余計なサービス要らねえから金返せで国際世論が収斂されてきており、ダマスゴミに正反対の事騒がせるのももうやめろやーという感じで、怒り疲れた人類を騙す妙案は尽きたと考えられます。

 私も、連中がどんな嘘をつくのか予想するのも飽きてきましたが、一番は、非正規より学歴の劣る馬鹿を首相や官房長官や若手のホープに据えて、それでよしとして手を打とうとしないくそじじいに、先代はそこまで日本人をなめてなかったぜ、先代までは日本人を仮想敵から外さなかったけれども、小泉詐欺で上場企業の株を押さえた辺りから油断が過ぎねえか、少しは中国みたいに現場を押さえる位の汗を流したらどうなんだ、ライシャワー・トインビークラスのスパイが一人もいなくなっちゃったじゃねえか、いくらなんでも世の中なめすぎじゃね、自分が出来ない事を人工知能にやらせると寝首かかれるぜ、と説教する機会があったら言いたい位ですが、本当に三代目馬鹿社長みたいなくそじじいは、所詮、泥棒の子供ですが、それにしても親の心子知らずといった感じで、大日本優良父兄協会のスケベ部門の長としては、こんな親不孝なくそじじいはいないと親馬鹿のような気持ちになりますが、極悪だった先代まではどうやって泥棒稼業が成り立っていたかが少しは分かっていたようですが、くそじじいときたら何がしたくて人類を完全支配したいのか分からず、ガキと同じところが無性に腹が立つ訳ですが、要は馬鹿過ぎるという事です。

 こんなことなどをアメリカボケ、自民党ボケ、更にはアメリカの広報機関のNHKや大マスコミらの報道を鵜呑みしている人達には以下のことも理解出来ないようだ。

 ロン・ポールの警告「2016年2月19日 ドル完全崩壊」(カレイドスコープ)
http://www.asyura2.com/15/hasan104/msg/572.html

 のコメント、佐助さんの言っていることが正論だろうと思う。

 1. 佐助[3265] jbKPlQ 2016年1月18日 23:10:58 : QXWXtKzZVU : KMxE_bHF90o[269]

 2007〜10年にスタートしている第二次世界金融大恐慌は、ドル一極からユーロ・円三極への移行が根因。これを認識し対策しないからです。
2006年のときは、米国金融指導者は、ノーベル経済学者のファンドの破産や架空エネルギー売買会社エンロンの破綻が自国と世界に波及しないように、どうやら強制的に架空のデリバティブ契約は手打ちにし、破産取立てを遅延させることに成功した。その結果、米国の株式市場のバブル波及範囲は限定され、世界への波及が阻止された。この信頼感の獲得によって、米国株式市場は、世界の投機資金を再び集中させることに成功した。

だが信頼感などが永遠につづいたためしはない。バブルは、信頼感を崩壊させる事件を連続させる。そのため、世界で膨張する巨大なドルのマグマは、地震や火山の爆発のように、出口を求めて徘徊する。

今回は金融商品や日常生活商品のバブルに巻き込まれて損しなかった貧乏人も、あらゆる経済指数(生産・販売・雇用・投資・貿易)が三分の一以下に激減する世界的金融大恐慌の影響から逃れることはできない。

不動産価値で支えていた有名企業は、日本政府のてこ入れにもかかわらず、地方の不動産企業は消滅する。そして、生き残った企業も、既存店の売上や国内販売の売上高の低下を解消できないまま、経済指数三分の一以下という長期不況に突入しなければならない。さらに日本のあぐらをかいた大企業の消失劇が始まる。

第二次世界金融大恐慌や世界経済全体に波及するバブルの発生なんて、想像することができない! 確かに、バブル的匂いはするが、いずれの国も、前回のバブルの体験から、賢くなっているハズだ。万が一破裂しても、その影響は限定され、景気は軟着陸できるに違いない。そう、世界のエコノミストたちがそう考えるのも無理はない。

第二次世界金融大恐慌のスタートが、2007〜10年に不可避だったのは、人間がバブルに巻き込まれ財産を失うのも、ムズムズ(機会損失)の心理法則に支配されるためだ。

一国の景気循環は、長期の景気下降期には、三年半前後の景気の山と一年前後の谷の長さが反転し、山は一年前後しか回復することができない。長期の景気上昇期は、山が三年半前後と長く、谷は一年前後と短い。そのため、「不景気の時こそ先行投資せよ」と思考し行動する経営者が成功をおさめることができた。だがスーパーバブルによる長期の景気下降期には、この経験則は全く通用しない。日本は自殺や飢餓や失業や倒産から逃れられない。
posted by てんぐゆうたろ at 06:01| Comment(0) | 政治、経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。