2015年04月30日

言論統制:ミクシィーはコメントも、日記も書き込まれないように仕組まれ、操作、工作し、ツイッターはログイン出来ないようにしたようだ!

 もう言論の監視、言論規制、言論統制が当たり前になり、報道規制、報道管制がテレビだけでなく、ネット社会でも行われ、戦前の特高時代以上に怖い時代に入ったのは間違いない。

 言論統制:恐怖政治の旗振りをした安倍晋三、安倍自民党!

 
 ミクシィーはコメントも、日記も書き込まれないように仕組まれ、操作、工作し、ツイッターはログイン出来ないようにしたようだ!


 それは以下の通りだ。

グーグル、ヤフー、またケイ・オプティコム、EOブログの「天狗のささやき」の盗作、改竄、操作し「アクセスの停止」は何なのでしょう?http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/239796773.htmlと以前に書いた。またしてもミクシィーが私の日記をブロック、アクセスの停止。言論統制、言論封殺極まれり!

 と書き、また

 言論の、表現の自由が危ない、インターネット社会に新手の監視、検閲部隊が出来たようだ!(天狗のささやき)
http://www.asyura2.com/10/social8/msg/411.html

 と以前に書いて来た。 そんな中で安倍晋三、安倍自民党の圧力で元官僚の古賀茂明さんがテレビ朝日の報道ステーションを降板させられたことは周知の通りだ。 それは以下の通りだ。

 報道ステーション、古賀茂明氏が最後の生放送で「I am not ABE」を掲げる!官邸の意向で降板!ネットは大荒れ状態に
http://www.asyura2.com/15/senkyo182/msg/224.html
 
 更にビートたけしが

 「最近のテレビは何もいえない」ビートたけしがテレビの自主規制を暴露し大批判!(リテラ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo183/msg/891.htmlの如くテレビに言論規制、言論統制があることを暴露した。

 斯様にテレビだけでなく、ネット社会でも言論監視、規制、言論統制はミクシィーのアクセスの停止は言うに及ばず、またそれが復活してもコメントや日記を書くことさへ規制し、言論監視、言論統制が為され、更にツイッターにもログイン出来ず、実質上、アクセスの停止をやっている。

 それは以下の通りだ。

 ミクシィーはコメントも、日記も書き込まれないように仕組まれ、操作、工作し、ツイッターはログイン出来ないようにしたようだ!?
http://blogs.yahoo.co.jp/tenguyutaro/archive/2015/4/30

 と書いた如く、もう言論の監視、言論規制、言論統制が当たり前になり、報道規制、報道管制がテレビだけでなく、ネット社会でも行われ、戦前の特高時代以上に怖い時代に入ったのは間違いない。

 以下は以前に書いた日記ですが、戦前の特高の時代のように言論統制の怖い時代は既に始まっていたのです。

 
 戦前の特高の時代のように言論統制の怖い時代は既に始まっています!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/239798859.html

 「戦前の特高のように当局、政府によって言論統制が一段と強化されているのが、また改竄や操作しているのがインターネット社会、グーグル、ヤフーにおいても垣間見られるどころか日常茶飯に改竄、操作しっているのがはっきり見えます。」

 言論の、表現の自由が危ない、インターネット社会に新手の監視、検閲部隊が出来たようだ!(天狗のささやき)
http://www.asyura2.com/10/social8/msg/411.html
投稿者 元引籠り 日時 2011 年 7 月 24 日 23:20:01: dkOnWN./sADdA

 言論の自由、報道の自由が奪われている、インターネットも、お前もか!
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2009/07/post-e0a4.html と書いたことが現実になって来たようです。

 「大マスコミ、NHK、テレビ、大新聞らは日本をどうする気だ」、検察ファッショ、報道ファッショで日本は壊れる!
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/09/post-cd44.html

 あなたが、あなたの家族、仲間が、知人が権力、検察、警察などの都合で玩具にされる怖い時代の到来です!
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2011/02/post-6720.html

 <今、検察ファッショ、報道ファッショが起こり言論の自由が無くなされている、怖い時代です!
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2009/06/post-8739.html と書いて来ましたが愈々本当に怖い時代になって来たようです。

 激変の時代、アメリカや権力、体制に逆らう、刃向う(=改正、改善の)人は戦前の特高の時代のように逮捕されたり、殺されて良いのですか?
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/11/post-872e.html

 更にーー

 評論家の小野寺光一さんが「コンピュータ監視法が、文字通り原発震災下のどさくさで審議入りし、(5月)31日にも衆議院法務委員会採決が強行されようとしています。」と言われていましたが今、言論の自由、表現の自由が失われて来ています。
        <続くーー 以下省略>

http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2011/07/post-a6c4.html  

 以上のように阿修羅さんが書き残して頂いているこれら以外の言論の自由、表現の自由に関するものは戦前の特高のように当局、政府によって言論統制が一段と強化されているのが、また改竄や操作しているのがインターネット社会、グーグル、ヤフーにおいても日常茶飯に垣間見られるどころかはっきり見えます。
 これらのように戦前の特高の時代のように言論統制の怖い時代は既に始まっています。 

 因みに以下に書いた如くケイ・オプティコム、ブログの「天狗のささやき」がグーグル、ヤフーの連携でアクセスの停止、改竄、操作し言論の自由、表現の自由が侵害され、言論統制が強行されているのです。
                  続く―――以下省略

 以上で本件は終わりだがーーー

 この件とは関係ないが、ミクシィーはつぶやきが、コメントが出来ない、日記が書けないようにしたようだ。 陰湿で卑劣だね!

 参考に

 今や日本でも言論封殺、言論統制が罷り通り言論の自由、表現の自由は無く、戦前の特高時代の時と同様に怖い時代になって来たようだ。
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/415235037.html
posted by てんぐゆうたろ at 19:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 謝罪ではなく、「痛切な反省」って何なの?

 ■「痛切な反省」表明、謝罪触れず=安保法制、夏の成立明言―安倍首相、米議会演説
(時事通信社 - 04月30日 01:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3395962

> 【ワシントン時事】安倍晋三首相は29日午前(日本時間30日未明)、米議会上下両院合同会議で演説し、歴史認識について「戦後の日本は、先の大戦に対する痛切な反省を胸に、歩みを刻んだ」と表明した。一方、集団的自衛権の行使を限定的に容認する安全保障法制に関し、今夏までに関連法案を成立させる方針を明言した。

 首相は先の大戦について「自らの行いが、アジア諸国民に苦しみを与えた事実から目を背けてはならない。思いは歴代首相と全く変わらない」と強調。米国の戦死者に対しても「日本国と、日本国民を代表し、深い一礼と、とこしえの哀悼をささげる」と述べた。

 首相は、中国や韓国をはじめ諸外国が評価する村山富市首相談話にある「心からのおわび」など謝罪の言葉には言及しなかった。首相は22日にインドネシア・ジャカルタで行った演説でも、「おわび」に触れなかった。

 安保関連法案については「戦後、初めての大改革だ。そのために必要な法案の成立を、この夏までに必ず実現する」と表明。自衛隊の海外活動が広がるのを念頭に、「国際協調主義に基づく、積極的平和主義」を日本の旗印にする考えを示した。

 日米関係では、戦後の同盟構築に触れ、「この道が、日本を成長させ、繁栄させた。そして今もこの道しかない」と述べ、同盟強化に取り組む決意を強調。日米同盟を「希望の同盟」と称し、ともに世界に貢献していくことを呼び掛けた。

 交渉中の環太平洋連携協定(TPP)について「単なる経済的利益を超えた、長期的な安全保障上の大きな意義がある」と早期妥結の必要性を訴えた。

 首相は米国によるアジア重視のリバランス(再均衡)政策に対する支持を重ねて表明。海洋進出を活発化させる中国を念頭に、「太平洋から、インド洋にかけての広い海を、自由で、法の支配が貫徹する平和の海にしなければならない」と述べた。

 首相は演説を英語で行った。日本の首相の米議会演説は、1961年の池田勇人首相(当時)以来54年ぶりで、両院合同会議では初めて。 
Posted by 天狗佑太呂 at 2015年04月30日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418200203

この記事へのトラックバック