2014年09月13日

円安、株高! 今迄為替、株価変動にミスター円、榊原英資やミスタードル、溝口善兵衛の如く為替介入して来たが、今回の為替操作の財務省の審議官は誰なの?

まんまと円安、株高に…「安倍・黒田会談」見え透いた猿芝居http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/288.html今迄為替、株価変動にミスター円、榊原英資やミスタードル、溝口善兵衛の如く為替介入して来たが、今回の為替操作の財務省の審議官は誰なの?http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1932087313&owner_id=8712738

 不可解な円安・株高の理由http://www.asyura2.com/14/hasan90/msg/257.html 不可解なデング熱の流行(院長の独り言)http://www.asyura2.com/14/iryo4/msg/261.html 今回の為替操作の財務省の審議官は誰なのだろう?http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1932087313&owner_id=8712738 ムサシ、選管らの不正選挙同様皆やらせだ!

 とツイートし、また

 この度の円安、株高も、野田ら当選を担保に解散も、小沢排除も、衆院選の不正選挙で安倍再自公政権の政権奪回も、米国、JH'sと売国奴官僚らが仕組み、演出した結果だ!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/311822321.html
 
 と書いていたが、まさにこのアベノミクスも、円安、株高もやらせで、ムサシ、選管らの不正選挙で捏造、作れてた安倍晋三、安倍再自公政権、安倍自民党と同様で以下に書いたことも全てやらせ、捏造だったのです。

 今迄為替、株価変動にミスター円、榊原英資やミスタードル、溝口善兵衛の如く為替介入して来たが、今回の為替操作の財務省の審議官は誰なのだろう?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1932087313&owner_id=8712738
                       2014年09月09日09:02.

ドル一時106円台に、6年ぶり高値=NY市場
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=52&from=diary&id=3044584

 この度の円安、株高も、野田ら当選を担保に解散も、小沢排除も、衆院選の不正選挙で安倍再自公政権の政権奪回も、米国、JH'sと売国奴官僚らが仕組み、演出した結果だ!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/311822321.html

 と書き、また

 《円高、株安(円安、株高)問題で為替介入はすべきでない! 発想の転換が必要だ!》  急激な株安、為替変動はアメリカの「振り込め詐欺」の常套手段だ!  発想の転換が必要だ!
http://www.asyura2.com/11/hasan72/msg/789.html

 と言ったことを書いていたが、為替、株価変動も、またムサシ、選管らの不正選挙で捏造、作られた安倍晋三、安倍再自公政権、安倍自民党らのように全て、見えざる影の政府(今回の菅、野田、安倍政権らの為替、株価変動などは米、悪徳ジャパンハンドラーらCSISらやその狗、手先の売国奴官僚)らに依ってシナリオ通り演出されているのだ。

 以前に以下の通りに書いていたが、誰がこの円安、株高を演出しているのだろうか?

 円相場、対ドル6年ぶり安値 105円台後半http://dlvr.it/6q1WdC 激減しているニューヨーク市場の取引高http://www.asyura2.com/14/hasan90/msg/241.html この状況下で株価の介入を手控え、GPIFでミスター円、榊原英資やミスタードル、溝口善兵衛の如く為替介入して来たね!

不可解な円安・株高の理由!今回の仕掛け人は、アベノミクス相場を主導したマクロ系ヘッジファンドや商品投資顧問業者など海外短期筋?公的年金の運用改革に前向きな塩崎恭久政調会長代理が厚生労働相で入閣と報じられた?この仕掛けかなり短期的!
http://www.asyura2.com/14/hasan90/msg/257.html

不可解な円安・株高の理由  久保田 博幸
http://www.asyura2.com/14/hasan90/msg/257.html

 円相場、対ドル6年ぶり安値 105円台後半http://dlvr.it/6q1WdC 激減しているニューヨーク市場の取引高http://www.asyura2.com/14/hasan90/msg/241.html この状況下で株価の介入を手控え、GPIFでミスター円、榊原英資やミスタードル、溝口善兵衛の如く為替介入して来たね!

 円相場、対ドル6年ぶり安値 105円台後半http://dlvr.it/6q1WdC この状況下で株価の介入を手控え、GPIFでミスター円、榊原英資やミスタードル、溝口善兵衛の如く為替介入して来たね!と以前に書いたが今為替は106円台だ!為替操作の今の大蔵省審議官は誰なのだろう?


 以下は「ドル一時106円台に、6年ぶり高値=NY市場」のニュース記事です。

 > [ニューヨーク 8日 ロイター] - 8日のニューヨーク外為市場では、ドルが幅広く上昇。対円では6年ぶりの高値となり、ユーロに対しても1年強ぶりの高値をつけた。

この日は重要な経済指標や中央銀行関連のニュースがなかったが、午後になってボラティリティが大幅に高まった。まずは豪ドルやブラジルレアルに対してドル上昇が加速し、その後に対円・ユーロでもドルが最近のレンジの上限を突破した。

ドル/円は直近が105.94円と、2008年以来の高値をつけた。直近のユーロ/ドルは0.42%安の1.2893ドルで、昨年7月以来の安値。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.65%上昇の84.301と、やはり昨年7月以来の高水準となった。

ウエストパック・セキュリィティーズ(ニューヨーク)の通貨ストラテジスト、リチャード・フラヌロビッチ氏は「(米国債の)利回り(上昇)はドル高の動きと一致する。しかし米連邦準備理事会(FRB)当局者の発言や経済指標はなかった」と述べた。

5日の8月米雇用統計が予想より悪かったにもかかわらずドルが値上がりしていることについて、TDセキュリティーズ(トロント)の外為ストラテジスト、マーティン・シュワードフェガー氏は「他の指標が年後半に米経済の勢いが強まることを示しており、雇用統計もそうした構図を変えることはなかった」と話した。

ドルはポンドに対しても堅調で、直近は1.36%高の1ポンド=1.6106ドル。1年1カ月ぶりの大幅な上昇率となった。最新の世論調査で、スコットランド独立賛成派が反対派を上回ったことが影響した。

クレディ・アグリコル(ロンドン)の為替戦略部門の欧州責任者、アダム・マイヤー氏は「独立賛成派があっという間に優勢となったことが、多くの人々にとってショックだったのは明らかだ」と指摘した。

直近の豪ドル/米ドルは1.06%安の0.9289米ドル。ドル/レアルも1.06%高となった。

*内容を追加します

ドル/円    終値   106.02/04

始値   105.24/25

前営業日終値   105.09/10

ユーロ/ドル  終値   1.2894/99

始値   1.2951/52

前営業日終値   1.2951/54
posted by てんぐゆうたろ at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。