2014年09月12日

安倍改造内閣は自爆テロ内閣だ! 見ているがいい。安倍改造内閣は動き出したとたんに行き詰まる!

 内閣改造で安倍政権は長期化するか?って? 見ているがいい。安倍改造内閣は動き出したとたんに行き詰まる!
                2014年09月12日08:02.

 安倍改造内閣は自爆テロ内閣だ、臨時国会前の内閣改造は自民党内部崩壊、腹痛再発の一里塚だ!


 安倍政権のアキレス腱 大ゲンカ演じた“ブチギレ”大臣とあの女性閣僚〈週刊朝日〉
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/256.html


 ■内閣改造で安倍政権は長期化するか?
(THE PAGE - 09月11日 10:10)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=177&from=diary&id=3048277

 内閣改造で安倍政権は長期化するか?の問いに、

 馬脚を現し始めた女性たちhttp://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/233.html飾り窓の女」何も分からずオヤジの地盤を引き継いだだけのバカ女が経産相http://www.asahi.com/articles/ASG9445KRG94ULFA00K.html 言い訳無用!:高市総務相 と 稲田政調会長 とhttp://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/184.html

 “本当の”個人消費、2割超の異常な大幅減?無理筋な消費再増税、ほぼ決定的な理由http://www.asyura2.com/14/hasan90/msg/354.html 億万長者は静かに米国株式市場の暴落に備えているhttp://www.asyura2.com/14/hasan90/msg/371.html 出来高が全く伴わない中で年金基金GPIFでPKO介入で株だけ上げる愚

 とツイートした如く、自民党内の内紛やアベノミクスの破綻等や以下に書いていた如く、内閣改造を機に第一次安倍内閣で投げ出したと同様にまた投げ出す如く自滅するに違いありません。

 9月初めの安倍改造内閣は自爆テロ内閣だの如く、臨時国会前の内閣改造は自民党内部崩壊、腹痛再発の一里塚だ!
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1931645016&owner_id=8712738
                     2014年08月30日19:34.

自民三役 石破氏ら全員交代へ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3031316

 自民三役 石破氏ら全員交代へと言うことらしいが、もう安倍自民党は、安倍晋三、安倍首相はアベノミクスも、身体も持たないようだ。

 曰く、

 若し狸の石破茂がこの重要閣僚で処遇の甘言に乗ったら石破、安倍晋三共に共倒れだね?http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1931591090&owner_id=8712738 先程、安倍、石破会談?が終わったららしいが茶番だね? 腰砕け、石破も、安倍も尾張の名古屋だね?

 9日間で4回歯を治療した安倍晋三首相 歯科医師が症状を分析http://www.asyura2.com/14/senkyo170/msg/428.html 安倍首相はこれからお腹痛をお越し、引き籠りが始まる!?http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1931361754&owner_id=8712738 ステロイドの副作用のせいか、最近は感情の起伏も激しくなっていると言う。

 と言った調子だ。 また以下に書いていた如く、9月初めの安倍改造内閣は自爆テロ内閣だの如く、臨時国会前の内閣改造は自民党内部崩壊、腹痛再発の一里塚だ!

 以下は以前にに書いていたブログです。

 不正選挙で作られた安倍晋三、安倍再自公政権! 内閣改造は自爆テロ、内閣改造は自民党内部崩壊、腹痛再発の一里塚だ!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/402980977.html
                    続くーーー以下省略

 と書いていた通り、また

 馬脚を現し始めた女性たちhttp://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/233.html飾り窓の女」何も分からずオヤジの地盤を引き継いだだけのバカ女が経産相http://www.asahi.com/articles/ASG9445KRG94ULFA00K.html 言い訳無用!:高市総務相 と 稲田政調会長 とーhttp://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/184.html

 世界中が非難! 高市早苗大臣と“極右団体代表”の問題写真http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/230.html 日本人は高市氏らの写真が欧州で大きく報じられた意味を全然分かっていないhttp://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/218.html 解散・総選挙は決まりだhttp://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/234.html

 “本当の”個人消費、2割超の異常な大幅減?無理筋な消費再増税、ほぼ決定的な理由http://www.asyura2.com/14/hasan90/msg/354.html 億万長者は静かに米国株式市場の暴落に備えているhttp://www.asyura2.com/14/hasan90/msg/371.html 出来高が全く伴わない中で年金基金GPIFでPKO介入で株だけ上げる愚


 円安による悪影響http://www.asyura2.com/14/hasan90/msg/351.html 今迄為替、株価変動にミスター円やミスタードルの如く為替介入して来たが、今回の為替操作の財務省の審議官は誰なの?http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1932087313&owner_id=8712738 財務省や日銀らは急激な為替、株価変動は振り込め詐欺が判らないのか?

 とツイートし、またまた

 天誅下さるべき沖縄県民冒涜する菅官房長官妄言(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/210.html

 見ているがいい。安倍改造内閣は、動き出したとたんに行き詰まる  天木 直人
http://www.asyura2.com/14/senkyo170/msg/876.html

 と書かれている通りで、自民党内部崩壊、経済、政治面で崩壊が加速させ、
9月初めの安倍改造内閣は自爆テロ内閣だの如く、臨時国会前の内閣改造は自民党内部崩壊、腹痛再発の一里塚だ!

 と書いた通になるだろう。

 以下は「内閣改造で安倍政権は長期化するか?」のニュース記事です。

 >  9月3日に安倍改造内閣がスタートしました。マスコミの世論調査でも総じて支持率が上がっており、新内閣はよいスタートを切ったと考えてよいでしょう。

 今回の内閣改造と党役員人事が成功した最大の理由は、人材配置のバランスにあるといわれています。内閣改造にあたって最大の懸案事項となっていた石破茂元幹事長の処遇は、地方創生担当相としての入閣で最終決着しました。石破氏はこれで内閣の一員となってしまいましたから、来年9月の総裁選で安倍首相の対抗馬として党内の支持を固めるのは難しい状況となりました。これで石破氏を中心に、ポスト安倍の動きが活発化する可能性はかなり低くなりました。

 石破氏の後任の幹事長には、何と党総裁経験者の谷垣禎一前法相が就任することになりました。谷垣氏は消費税の増税論者ですから、谷垣氏の幹事長就任は、消費税10%増税へ向けた布石という見方もあるようです。しかし、もっとも大きいのは党内勢力のバランスと考えられます。

 現在の自民党は以前のように党内が完全に派閥によってグループ化されているわけではありません。しかし、従来の派閥は緩い形ですが、今でも存続しています。谷垣氏は宏池会(現岸田派)の流れを汲むグループで、現在でも党内に一定の影響力を持っています。兄弟派閥である岸田派からは岸田外相が留任となっていますので、宏池会系のキーパーソンは主要な役職で処遇したことになります。

 派閥力学という点で、安倍氏と敵対する可能性が大きいのは、安倍氏が属していた清和会と長年、敵対的な関係にある経世会(現額賀派)ということになります。清和会と経世会の確執は、安倍氏が政治の師として仰ぐ、祖父の岸信介元首相の時代にまで遡る根深いものです。安倍政権としては、経世会のメンバーを中心に反主流派が結束する事態は何としても避けたいと考えています。経世会からは、小渕優子氏と竹下亘氏がそれぞれ起用されました。両名とも名前から分かるように、経世会を代表する元首相経験者の親族です。さらに旧中曽根派の流れを汲む二階派からは、これまでTPPに強く反対していた西川公也氏が農相として入閣しています。

 特定の派閥には属していませんが、安倍氏にとって最大のライバルであった石破氏を閣内に取り込み、経世会と宏池会など主要派閥を重要ポストで処遇した今回の人事は、まさに長期政権を意図したものといえます。

 消費税10%増税による国民の反発や景気失速など、安倍政権が自身の政策の進め方によって政権基盤を失う可能性はゼロではありませんが、他の派閥との権力闘争によって政権が弱体化する可能性は、当分の間、低くなったと考えるのが妥当でしょう。
posted by てんぐゆうたろ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。