2014年03月18日

盲目? 従米、隷属が正しいのか? ■「ウクライナ憲法に違反」 菅官房長官、住民投票を批判は的外れも甚だしい。

 盲目? 従米、隷属が正しいのか? ■「ウクライナ憲法に違反」 菅官房長官、住民投票を批判は的外れも甚だしい。
            2014年03月18日03:07

 ■「ウクライナ憲法に違反」 菅官房長官、住民投票を批判
(朝日新聞デジタル - 03月17日 12:22)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=2805340

 「アメリカ政府は一体何故これほど、クリミア自決に反対しているのだろう?」

 日本は大東亜戦争の敗戦後、所謂戦後から今迄、時事通信や共同通信を通じ、NHKや大マスコミらはずっと西側情報、特にアメリカ情報だけを報じ、それらを垂れ流して来たから日本の常識は世界の非常識になっている。

 その意味からこの■「ウクライナ憲法に違反」 菅官房長官、住民投票を批判は的外れも甚だしい。 
 これは恰も小泉純一郎政権時、小泉首相がNHテロ、911の後、アメリカが惹起させたアフガン、イラクに侵攻に、即座にアメリカ追随し、盲従したと同じ構造だ。
 

 時に

 安倍晋三首相、安倍内閣は、安倍再自公政権は不正選挙で米国、JH's、CSISや売国奴官僚らに依って作られたのがはっきり見えました。
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/352416760.html
            2013年03月26日03:23  

 【不正選挙、捏造された安倍再自公政権、円安、株高、アベノミクス、全てインサイダーの半年後が見えないのだろうか?】

 この度の円安、株高も、野田ら当選を担保に解散も、小沢排除も、衆院選の不正選挙で安倍再自公政権の政権奪回も、米国、JH'sと売国奴官僚らが仕組み、演出した結果だ!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/311822321.html

 と書き、また

 不正選挙で捏造、作られた安倍内閣は選挙管理内閣である故に原発再稼働、TPP参加、消費増税なども認められる訳がない!http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/347228579.html 大マスコミ発狂、TPP賛成が6割もいるわけない。安倍とコンビでのTPP詐欺http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/580.html

 とツイートし、また

 不正選挙で捏造、作られた安倍内閣は選挙管理内閣である故に衆院選は無効は当然、原発再稼働、TPP参加、消費増税なども認められる訳がないのです。
http://tengunosasayaki.seesaa.net/archives/20130325-1.html

 と書いた通りの安倍再自公政権が、安倍自民党が、NHKや大マスコミが世論調査だと言って安倍自民党の支持率が7割超え、TPP賛成が6割もある訳がない。
            続く―――以下省略

 と書いていた通りで安倍晋三再首相、安倍再自公政権は米、悪徳ジャパンハンドラーらCSISやその狗、手先の売国奴官僚らが主導しムサシ、選管らに依って不正選挙で捏造、作られた政権だから米、売国奴官僚らのロボット、傀儡に過ぎないのです。 だから

 先ほど
 ウクライナ危機が、ロシアを軍事的に弱体化させるという唯一の目的の為、危機丸ごと、アメリカ政府の立案者連中により創り出され、突如でっちあげられたものだという、これ以上の証拠がご必要だろうか? http://bit.ly/1kCBSNqアメリカ政府は世界を戦争に向かわせている」より

 とツイートしたが、安倍再自公政権らはこれらを理解しようとしない、故に■「ウクライナ憲法に違反」 菅官房長官、住民投票を批判と言った恍けたことを言うのです。

 以下の転載記事が世界の実勢、実態を伝えていると思うので菅官房長官はじめ、安倍自民党、自公政権は確(しか)と読んで欲しい。

         転載開始

 アメリカ政府は世界を戦争に向かわせている
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-f1cd.html

Paul Craig Roberts
     2014年3月16日
 アメリカ政府は、一体なぜこれほど、クリミア自決に反対しているのだろう? 答えは、アメリカ政府によるキエフ・クーデターの主目的の一つは、ロシアをクリミアの黒海海軍基地から追い立てる新傀儡政権を実現することだったからだ。もしクリミアがウクライナの一部でなくなれば、アメリカ政府は、自分がウクライナにしつらえた政府を、その目的に使えなくなってしまうのだ。

 アメリカ政府が明々白々にしたのは、“自決”というのは、アメリカ政府が自分の狙いの為に利用する武器だということだ。もし自決がアメリカ政府の狙いに役立てば、アメリカ政府は賛成する。もし自決がアメリカ政府の狙いの推進に役立たなければ、アメリカ政府はそれに反対する。


ロシアが拒否権を行使した、アメリカ政府が提案した国連安全保障会議決議は、クリミアの国民投票、住民が要求した国民投票は、“いかなる妥当性も持ち得ず、クリミアの立場のいかなる変化の基盤とはなり得ないと偽りの声明をしている。そして、全ての国々、国際機関や、専門機関に、この国民投票を基にした、クリミアの立場のいかなる変化も認めないよう、そして、そのようないかなる立場の変更の承認と解釈されかねないいかなる行動や関係も慎むように要求している。”

アメリカ政府は、これ以上しようのないほど、クリミア人による自決に真っ向から反対していることを明らかに示した。

ウクライナの全国民が投票して、クリミア人の決定に同意しない限り、国民投票は有効ではありえないと、アメリカ政府は偽って主張している。アメリカがコソボをセルビアから盗み取った際、アメリカはセルビア人の投票を認めなかったことにご留意願いたい。

しかし、アメリカ政府の全くの偽善と、虫のいい二重基準を吟味しよう。クリミアの立場のいかなる変化も、有効とするには、分離しようとしている国の国民の投票が必要だという、アメリカ政府の主張を適用しようではないか。もしこれが本当なら、クリミアは、一度たりとウクライナの一部となったことはない。

アメリカ政府の国際法解釈の下では、ウクライナは依然ロシアの一部だ。フルシチョフがクリミア(ただし、セバストーポリ、黒海基地は除く)を、ウクライナに引き渡した際、ロシア人は投票させてもらえなかった。だから、アメリカ政府自身の論理によれば、クリミアをウクライナの一部として認めることはできない。これは、レーニンがウクライナに移転した、他のロシア地域にも当てはまる。アメリカ国連の論理の下では、ウクライナのかなりの部分は、ウクライナの合法的な一部ではないのだ。ロシア人は自分達のウクライナへの引き渡しについて投票が認められなかったのだから、彼らはロシア領土に居続けているのだ。かくして、アメリカ政府の論理によれば、クリミアは依然ロシアの一部なので、“ロシアがクリミアを併合する”ことに関しては、全く問題がないことになる。

ウクライナ危機が、ロシアを軍事的に弱体化させるという唯一の目的の為、危機丸ごと、アメリカ政府の立案者連中により創り出され、突如でっちあげられたものだという、これ以上の証拠がご必要だろうか?

3月14日、ネオコンがジョン・マケインの為に書いた、アメリカ政府のウクライナ侵略を、ロシアによる侵略として説明する戦争挑発の長口舌を、ニューヨーク・タイムズが掲載しても誰も驚かなかった。アメリカ政府による、ウクライナ民主主義打倒から人の目を逸らす為に、アメリカ政府が、選挙で選ばれたウクライナ政権を転覆しておいて、ロシアを“侵略し、クリミアを併合した”と非難するのだ。キエフに選挙で選ばれた政府は存在しない。キエフで政権として振る舞っている連中は、アメリカ政府がその職に就かせた傀儡だ。他に一体誰が連中を選ぶだろう?

ランド・ポールが集団ヒステリーに加わったのに驚いた人々もいる。ロシアに対するプロパガンダ暴言を、ランド・ポールがタイム紙に書き散らしたのだ。プーチンがクリミアを侵略したのは、“国際社会”を侮辱するものだ、とランド・ポールは不当にも主張している。そもそもクリミアがウクライナから分離するという決定は、クリミア住民と、選挙で選ばれた政府の判断であり、ロシアの決断ではない。だが議論の為に、ランド・ポールの嘘を真実だとしよう。“ウクライナの国家主権の甚大な侵害で、国際社会を侮辱する、ウラジーミル・プーチンのウクライナ侵略”は、アメリカ政府による、イラクとアフガニスタン侵略同様、アメリカ政府が支援したリビアやシリア侵略や、アメリカ政府が継続している、無人機による、パキスタン人やイエメン人の虐殺、そして、アメリカ政府の違法な経済制裁によるイランの主権侵害、選挙で選ばれた政権を打倒して、アメリカの傀儡を据えつけた、アメリカ政府による、ウクライナ主権侵害と同じものだろうか?

もしプーチンが、ランド・ポールが無知にも主張している通りに振る舞っているのであれば、アメリカ合州国は、クリントンがセルビアで、ブッシュがアフガニスタンとイラクで、オバマがアフガニスタン、リビア、シリアと、ウクライナで、確立した先例に続いているに過ぎない。アメリカ政府の主張は、煎じ詰めれば“我々、例外的かつ必要欠くべからざる国はそういう振る舞いができるが、他のどの国もそうできない。”ということだ。

ランド・ポールに見当外れな期待をしているアメリカ人もいるが、まさに、タイムで明らかにしている通り、彼とて、ネオコン戦争屋と軍/安保複合体に魂を売り渡したもう一人の阿呆に過ぎない。もしランド・ポールがアメリカの希望なのであれば、明らかに希望は皆無だ。

私が指摘してきた通り、アメリカ政府、そのヨーロッパ傀儡連中、ニューヨーク・タイムズ、タイムや欧米マスコミ丸ごとから流れ出るプロパガンダと嘘が、第一次世界大戦へと至った戦争への道を繰り返している。それが我々の目の前で起きているのだ。

記事原文のurl:www.paulcraigroberts.org/2014/03/16/washington-set-world-path-war-paul-craig-roberts/  
                ----------

 そういう宗主国の侵略戦争の砲弾の餌食に軍隊を送り出すことを可能にするのが、政府による「集団自衛権」容認。つまり、憲法9条の実質的廃棄。自民党の中で、「集団自衛権」容認の是非、意見が割れているという。反対するまっとうな政治家が自民党におられたという想像外の情報に驚いた。

本来は、官邸の阿呆氏が、「自分が責任をもって、国民を宗主国の侵略戦争の砲弾の餌食に軍隊を送り出す」と言っていること自体、驚くべきことだが。


知人から映画『ドストエフスキーと愛に生きる』を見るよう忠告された。

父親をスターリンの弾圧で失って、ウクライナで育ったロシア人女性が、進駐したナチス軍高官の通訳をした関係で、そのまま撤退するナチスについて、ドイツに移住する。やがて、戦後ドイツで、翻訳者、教師として頭角をあらわし、ドストエフスキーの大作をロシア語に翻訳するに至ったご本人のドキュメンタリー。

ウクライナ、ロシアのスターリン、ドイツのナチス、とうってつけの三題噺。
ひょっとすると、小生のインチキな翻訳を婉曲に指摘して下さっているのだと一瞬思った。

しかし、冷静に考えれば、とんでもない趣味インチキ翻訳を日々行っているメタボと、ドイツの様々な賞を獲得しておられる名翻訳者、同じ土俵の訳がない。傲慢な思い上がり。

尊敬する知人の方は、まったく悪気なく、率直にウクライナ、ロシア、ドイツの関係が実に端的に描き出されているものとしてご紹介下さったのだと、宗主国政府並みに独善的に信じることにする。本当の話、尊敬する方の忠告、そう思わなければ耐えられない。前者であれば、「インチキな翻訳は止めろ」というのに等しいので。そうであれば、もちろん、ご忠告に従うつもりだ。

 以下は<■「ウクライナ憲法に違反」 菅官房長官、住民投票を批判>のニュース記事です。

 > ウクライナ南部クリミア自治共和国のロシアへの編入の是非を問う住民投票で、賛成多数が確実となったことについて、菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で、「ウクライナ憲法に違反している。住民投票は法的効力を有さず、我が国はその結果を承認しない」と述べた。
posted by てんぐゆうたろ at 03:33| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。