2013年04月21日

愈々ドルも、円も紙切れになる、ラストリゾートは現物の金、紙の金、金EFTではありません!

 愈々ドルも、円も紙切れになる、ラストリゾートは現物の金、紙の金、金EFTではありません!
                2013年04月21日07:53  

 <ドル体制の崩壊、アメリカの凋落で「金は5000ドルを越え、ドルは50円を切る!」と断言!>は不変です。(天狗のささやき http://www.asyura2.com/11/hasan72/msg/711.html
投稿者 元引籠り 日時 2011 年 8 月 11 日 23:02:56: dkOnWN./sADdA

《円高、株安問題で為替介入はすべきでない! 発想の転換が必要だ!》

 急激な株安、為替変動はアメリカの「振り込め詐欺」の常套手段だ!  発想の転換が必要だ!

     2007年3月19日 (月)
 アメリカ経済 ドル体制の終焉
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2007/03/post-5c5e.htmlは早くから規定路線だったのです。
               続くーーー

 と書いていたように、また更にーー

 金の下落 バブルの終焉が近いのか? ドル体制の崩壊、アメリカの凋落で「金は5000ドルを越え、ドルは50円を切る!」と断言!>は不変です。
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/355625682.html

 金の下落 バブルの終焉が近いのか? ドル体制の崩壊、アメリカの凋落で「金は5000ドルを越え、ドルは50円を切る!」と断言!>は不変です。
                  2013年04月16日07:39  

 現在世界には2種類の金が流通しています。「本物」の金と「紙の金」です。危機が表面化すれば「現物の金」は暴騰、が「紙の金」は「金EFT」は絶対買うな!

 不正選挙で捏造、作られた安倍再自公政権で円安、株高、アベノミクスに踊る日本はアメリカと心中する積りらしい、アベクロ、日銀のバズーガー砲が一番「異常」だと言う事だと思います。

 時にーー

 金の下落 バブルの終焉が近いのか?・・なぜか変?「金兌換」米ドル紙幣発行のタイミングと符号?http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/546.html 金暴落1500ドル割れ 売りが売り呼び「まだ下がる」http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/547.html やらせ、ソロスらがまたソロソロ金を買いだすね!

 金暴落1500ドル割れ 売りが売り呼び、「まだ下がる」?http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/547.html 現在世界には2種類の金が流通しています。「本物」の金と「紙の金」です。危機が表面化すれば「現物の金」は暴騰し、今安くなっているのは紙の金、紙の金は文字通り紙切れになるでしょう!
             続くーーー

 と書いていたように、不正選挙で捏造、作られた安倍再自公政権の日本も、断末魔のアメリカ(時事・EUが長野まで汚染地帯に認定、米がヨルダン派兵、ボストンはオバマへの脅し、全て米英バビロンの悪あがきである。
http://www.asyura2.com/13/cult11/msg/122.htmlも、愈々新しいパラダイムを模索し始めたようである。

 それは以下を読まれると見えて来る。
 冗談や戯言、ゲーム、目覚まし時計でなく現実にドルが、円が、国債が紙切れ、紙くずになる時代だ! (天狗のささやき)
http://www.asyura2.com/11/hasan72/msg/789.html
 と書いていた如く、愈々ドルも、円も紙切れになる、ラストリゾートは現物の金、紙の金、金EFTではありません。

 強迫観念に追い立てられる安倍晋三 参議院選の敗北を自覚したような慌ただしい振舞い (世相を斬る あいば達也) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/578.html

 のコメントEに以前から同じことを書いていた通り、以下の如く佐助さんが興味深い事を書かれている。参照下さい。

 06. 佐助 2013年4月19日 19:42:51 : YZ1JBFFO77mpI : TUhrPgEJIU

 英国は世界通貨ポンド防衛のため、ポンドを切下げ、英国が支配するスターリング地域(英連邦と植民地)に、特恵関税障壁を築いた。、そのために世界経済は関税と通貨切下げ競争で、10年間も悪夢にうなされた。2006年、包括関税引下げ交渉は行き詰まり、二国間の交渉に中心が移った。TPPも同じように日本への輸入品には関税ゼロ,カナダ・アメリカ・オーストラリアなどへの輸入には関税2.5%25%を掛けるのは必然的。これは第一次世界信用大恐慌前後と同じ状況に突入したことを意味する。かくして、アベノミクススーパーバブルとドルの暴落で、第二次世界金融大恐慌の妖怪の姿は、誰の目にも見えてくる。
バブルは、同じ姿では現れない。資本主義の常識では、バブルの繰返しが見えないので避けられない。しかもマスコミ・エコノミストにはインフレが必要だと、妄想を隠さない。消費者の購買力を縮小させたまま、人為的にインフレ発生させ、国家と企業の悩みを解消したいというインフレ待望論者の妄想は、雄鶏の首を締め殺せば、早起きから開放されると考えたイソップ物語の寓話とそっくりではないか!

アベノミクス株式バブルの膨張係数は、一時的に足踏みしても「上昇するから買う」の繰り返しさえ妨害されなければ、宇宙よりも大きく膨らませることができる。紙幣を土台に、個人と企業も信用通貨を発行し、無意識にバブルに加担するものである。そしてネズミ講と同じく、無限に拡大できる。必ずアベノミクス株式バブルが世界で膨張する巨大なドルのマグマは、地震や火山の爆発のように、出口を求めて徘徊する。一万円以下の預金を払い戻すルールを採用すれば、取付け騒ぎは発生しないと錯覚している。解約は、早い者勝ちとなるため、取り付け騒ぎの発生は不可避となる。

日本政府は一万円以下の預金を払い戻すルールを採用すれば、取付け騒ぎは発生しないと錯覚してしまった。だが、アベノミクス株式バブルから弾けると銀行や証券会社が倒産すれば、短期間でも、死に金(引き出せない預金)を発生させる。投信などの解約は、早い者勝ちとなるため、取り付け騒ぎの発生は不可避となる。アベノミクスバブルの崩壊パニックは一時的に銀行・為替・証券の閉鎖は避けられない。

「信用膨張商品は、名目の一割を流通させて運営されているため、一斉に取付けるなら、バブルは必ず弾ける」死から逃れるために、逃走パニックを発生させる。

アメリカはドルの世界通貨の地位を守るため、経済鎖国(自国輸入に関税を掛ける)をTPPで求めてきている。TPPで貿易収支を均衡させようと一部の関税引上げで貿易収支を均衡させようと試みるのは当たり前。そしてTPPで自動車や保険・医療などの貿易摩擦の大きな商品の関税を引き上げるだろう。ーアベノミクスやTPPではドルの暴落は止まらない。ドルはキンとリンクするまで暴落は止められない。だが金本位制でその地位が保たれる。沈静化もする。だがアベノミクス株式バブルの膨張ですべて吹き飛ぶ,だが二度と神風は吹かない。

世界で唯一、民間銀行が紙幣を発行している香港が、ドルと固くリンクしているため、ドルが暴落すると、一気にバブルの崩壊の加速することは避けられない。ナチスドイツと軍国日本が、第一次世界金融恐慌から早く脱出できた決定的で、普遍的な要因は、世界の金融システムから隔離された「経済鎖国」のセイである。貿易関税と外国からの投資を制限したからである。だが朝鮮戦争特需やベトナム戦争特需を体験しているため、戦争による景気回復を待望する妄想をもつ人はビックリするほど多い。アベノミクスバブルと香港が同時に弾けると世界は未曽有の地獄絵図を体験することになる。そして生き延びた人類のみが産業革命で素晴らしい世の中を満喫できるのかも知れない。
posted by てんぐゆうたろ at 08:03| Comment(0) | 政治、経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。