2012年06月19日

歴史は繰り返し、戦争が仕組まれ、新ドル、新円切り替えも想定の範囲だ。

 ギリシャ、スペインより怖いのはドルを刷りまくっているアメリカのデフォルトが心配じゃないの?                                       2012年06月19日06:48

 ■スペイン国債再び「危険水準」…一時7・3%台
(読売新聞 - 06月18日 21:17)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2053034&media_id=20

 【不安を振りまき、不安を煽るS&Pや2.ムーディーズ、フィッチ・レーティングス等の格付け会社って何なの?】

 《歴史は繰り返し、戦争が仕組まれ、新ドル、新円切り替えも想定の範囲だ。 》

 冗談や戯言、ゲーム、目覚まし時計でなく現実にドルが、円が、国債が紙切れ、紙くずになる時代だ! (天狗のささやき)
http://www.asyura2.com/11/hasan72/msg/789.html
投稿者 元引籠り 日時 2011 年 8 月 20 日 13:39:25: dkOnWN./sADdA

http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2011/08/post-df4a.html

 ゲーム、目覚まし時計でなく、実際にお金が、米国債が、日本の国債が紙切れ、紙クズになるがもう目の前に近付いている
           2011年08月19日19:18

 起きないとお金が紙くずになる目覚まし時計
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1712405&media_id=128

  <ドル体制の崩壊、アメリカの凋落で「金は5000ドルを越え、ドルは50円を切る!」と断言!>は不変ですhttp://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2011/08/post-f410-1.html  と書いたようにーー

 冗談や戯言、ゲーム、目覚まし時計でなく現実にドルが、円が、国債が紙切れ、紙くずになる時代だ!

 新円切り替えも想定の範囲だ。  ドルや円のお金や国債は紙切れになる日も近い!
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/08/post-ef1d.html

 と書き、また

 この国、日本の財務省、日銀らのプロと言われる人達は本当に「財政、財務、金融」のプロなのだろうか?
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2011/03/post-4df9.html
 と書いているが本当にこの日本に財政、財務、金融のプロがいるのだろうか?

 円は確実に暴落する、ドルは200円が妥当だと言うカリスマのトレーダーだと言われる藤巻健史さん(や円の暴落があると言う竹中平蔵元大臣ら)は正気なのだろうか? アメリカボケしていないだろうか? 
                   続くーーー

 と書いたがーー

    2007年3月19日 (月)
 アメリカ経済 ドル体制の終焉
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2007/03/post-5c5e.html
 と書き、またー

 リーマンショックが起こると門外漢の私がーー
 
 ’98の9月15、リーマンショックが起こる半年前に大恐慌が、リーマンショックが起こると心配し、パラダイムシフト、地殻変動が起こり、アメリカの衰退が本格化して来ていると書いた通りなのです。

 1) 
 アメリカはスタグフレーションで大恐慌モード、日本はどうなる?
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2008/03/post-8be9.html

 <4大マスコミや(売国奴の)守旧派の自民党や官僚らは時代が変わったことに気が付いていなのでは???
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/02/post-10b3.html

          続くーーーーーーー

 と書いたように、シュミレーションやゲーム、目覚まし時計でなく、実際にお金が、米国債が、日本の国債が紙切れ、紙クズになるがもう目の前に近付いているのがお分かりになりませんか?              続くーーー 以下省略

 と書いていた通りでギリシャやスペイン、イタリアより諸悪の根源はドルを、米国債を刷りまくり世界にばら撒いているアメリカなのです。

 ところでーー

 [NEVADAブログ] これからさらに始まるギリシャの混乱: 今回のギリシャの総選挙では緊縮政策を支持する政党が勝っていますが、支持率(速報ベース(では以下の通りです。 <日経報道より> 第1党 得票率 29.5% 旧連立与... http://bit.ly/LTnUG8

 と私に知人が書いていたのに、以下のコメントを書いた通りで

 ギリシャの再選挙

 選挙もガス抜き、先延ばしになっただけ、根本は何も変わっていないし、寧ろスペイン、ポルトガルなどに同じ不安が伝播で底無しに向かうでしょう!それよりドルを刷りまくっているアメリカのデフォルトが心配、日本も黒字倒産だ!

 とコメントしたのだが実際問題としてギリシャはユーロ圏から離脱は免れたが事態は何も変わっていない。 ドイツ、フランスらがどうするかだけの話で不安は寧ろ、ギリシャでなくスペイン、ポルトガル、イタリアに移行、もっと怖いのは第二のリーマンショックを内包するアメリカのデフォルトが何時起こっても何もおかしくないのです。

 それにしても不安を振りまくS&Pや2.ムーディーズ、フィッチ・レーティングス等の格付け会社って何なの?

 こんなバカなことをやっていると以下に以前に書いていた通り行き付く先は歴史が教えている通り第三次世界大戦が仕組まれているのです。

 平成23(2011)年、皇紀2671年、辛卯、七赤金星の卦 http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/12/post-37c4-1.html
の末尾の追記でーーー

 2012/3年の第三次世界大戦も見えざる政府、奥の院に依って仕組まれている!
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/10/post-9e80.html

 第三次世界大戦が仕組まれていると言うと「何を馬鹿な」と多くの人は理解出来ないでしょうが http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/11/post-ca78.html

 《歴史は繰り返し、戦争が仕組まれ、新ドル、新円切り替えも想定の範囲だ。 》

 と書いたとおり、戦争屋、アメリカは戦争を仕掛けるのは間違いないようだ。

 以下は「■スペイン国債再び「危険水準」…一時7・3%台」のニュース記事です。

 > 【ロンドン=永田毅】18日の欧州債券市場で、スペイン国債(10年物)の流通利回りは一時、7・3%台に上昇(国債価格は下落)し、1999年のユーロ導入後の最高を更新した。

 14日に続き、自力で資金調達を続けることが難しくなる「危険水準」の7%を再び突破した。

 欧州市場では、スペインやイタリアへの信用不安の拡大懸念がくすぶり、重しとなっている。イタリア国債(10年物)の流通利回りも18日、6・1%台(前週末は5・9%台)に上昇した。
posted by てんぐゆうたろ at 07:35| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。