2012年05月30日

此処はアメリカに、官僚らにノーと言える小沢一郎元代表に頼まないと日本は沈没間違いありません。

 アメリカに、官僚にノーと言え、国益を、政治を語れるのは亀井静香前大臣、また小沢一郎前幹事長しかいない。(2) 
         2012年05月30日11:27

 ■合意・決裂・持ち越し…首相・小沢氏会談の行方
(読売新聞 - 05月30日 08:48)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2031918&media_id=20

 今日、野田、小沢会談、何故、天下の首相が、一兵卒の小沢氏と会うのに野田首相は格下の平幕力士の如く「乾坤一擲(けんこんいってき)だ。一期一会のつもりで説明したい」と謙って言わざるを得ないのか?これは心に疚しい引け目を感じている証拠で米、売国奴官僚の言いなりで首相になった慚愧の証だ!

 とツイートしたが、自民党の谷垣、石原、石破、大島理森幹部連中がアメリカ、売国奴官僚らの演出通り彼らに吹き込まれた通り「小沢切り」を盛んに言い、またアメリカ、売国官僚らの狗、ロボット、傀儡の反小沢の野田民主党の仙谷、岡田、前原、安住、小宮山大臣らの言動を見れば結果的には決裂しかないでしょう!

 それを有耶無耶にしていると日本は世界からも孤立し、アメリカの言いなりと世界から馬鹿にされ、アメリカにケツの毛まで毟り取られ、日本はアメリカと心中してしまうでしょう。

 ここはーー

 アメリカに、官僚にノーと言え、国益を、政治を語れるのは亀井静香前大臣、また小沢一郎前幹事長しかいない。(2) 
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/270798102.html

 アメリカに、官僚にノーと言え、国益を、政治を語れるのは亀井静香前大臣、また小沢一郎前幹事長しかいない。 
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/08/post-c1b0.html
           続くーーー

 と書いていたようにここはアメリカに、官僚らにノーと言える小沢一郎元代表に頼まないと日本は沈没間違いありません。

 こんなバカなアメリカ、売国奴官僚らの狗、ロボット、傀儡の野田どじょう首相をヨイショするようではーー
 大マスコミやそれらに巣食う電波芸者の記者や御用評論家、学者ら、また有識者と称する輩らもテレビに出れる為にマスコミを牛耳っているアメリカ、JH'sや売国奴官僚らの言うがまま垂れ流す、それを馬鹿なミーハー層、B層の国民や事なかれ主義の官僚や政治屋までがアメリカ、売国奴官僚らの演出する方向に靡いて、日本をスポイルしてしまうでしょう。


 このような夢も希望も持てず閉塞感、虚無感、逼塞感が漂い、若者の自殺者が増え、国民も、企業も、商店も全く活気がない時に消費増税をやれば以下に書いた通り5%でも滞納が多いのに10%になればとんでもない事になるのが野田ブタ首相や勝栄二郎財務次官が率いる財務官僚らや大マスコミ、大マスコミに巣食う電波芸者の御用評論家や学者らは解らないのだろうか?

  消費税、現行の5%消費税でも滞納が多いのに10%では会社、企業の倒産ラッシュだ!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/248151214.html

 現行の5%でも企業の消費税の滞納があるってことを棚に上げ、こ奴らはアホ、アホの一つ覚え、財務官僚のレクチャー通り、クチパクなんだね?

 まずやることがあるでしょう、公務員給与、国会議員定数、公務員の数、高級官僚らキャリアーの渡り問題などなど行革、公務員改革などすることの方が先だよ。

【復興財源に消費税、震災増税、たばこ増税? 馬鹿を言うな! 100兆円程の政府紙幣、震災手形、軍票如き震災新札を増刷する時だ! 】http://www.asyura2.com/11/hasan72/msg/361.html 今、アメリカや中国、またEUの中央銀行までもドルや元、ユーロを刷りまくっているんだよ! それが解ってないのかな?

 ところで先の日記で以下のように書いたが判んないのかな彼らは?

 岡田くん、現状把握してるの? 今でも不景気で消費税滞納が一杯だって知ってるの?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1816086259&owner_id=8712738
              続くーーー

 と書いていたことをやるべきだと私は思っています。

 以下は「■合意・決裂・持ち越し…首相・小沢氏会談の行方」のニュース記事です。

 > 30日に予定される野田首相と民主党の小沢一郎元代表との会談の行方は、消費税率引き上げ関連法案の成否を左右し、首相の政権運営にも影響を与えるとみられ、与野党の注目が集まっている。

 合意、決裂から、持ち越しまで三つのパターンが予想される。

 ◆ケース1=合意

 首相にとって最高のシナリオは、小沢氏を説得し、消費増税法案への賛成を取り付けることだ。首相は法案は党内手続きを経た「党議だ」とし、造反なら処分を辞さない考えを伝えるとみられる。小沢氏は消費増税の前に統治機構などの大改革に取り組む必要性を強調しており、小沢氏周辺からは「大きな政治の改革で一致することは可能だ」との声が出ている。ただ、小沢氏は消費増税への反対論を繰り返しており、「君子豹変(ひょうへん)して賛成すれば、党内の求心力は一気に低下する」(民主党中堅)のは避けられず、30日の会談1回だけで折り合うのは困難との見方が強い。

 ◆ケース2=決裂、小沢切り

 首相周辺からは、小沢氏が首相の説得に応じない場合、小沢氏との話し合いに見切りを付け、自民党との協力を模索する方向に舵(かじ)を切るべきだとの意見が出ている。民主党の前原政調会長は29日の記者会見で「6月21日までの国会会期を考えた場合、結論が出ないまま何度も行うようなたぐいのものではない」と述べ、首相の決断に残された時間が少ないことを指摘した。

 ただ、小沢氏に近い議員は、「首相が処分をちらつかせても、離党含みで造反する」としており、首相の強気の一手は党分裂を加速させる可能性がある。トップ会談の仲介役の輿石幹事長の顔をつぶし、首相と輿石氏の関係が悪化する危険性もある。

 ◆ケース3=持ち越し

 30日の議論が平行線の場合でも、再会談を約束して次回以降の協議に持ち越す案や、結論をあいまいにしたまま、わかれる案が党内で出ている。首相は29日、田中慶秋党副代表らと官邸で会談した際、「十分に話をしたい」と語ったとされる。
posted by てんぐゆうたろ at 21:38| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。