2016年01月07日

シリアのアサドはそんなに悪いことをしてなくて玩具にされ、悪の限りを尽くしても守られ援助して貰える北朝鮮、世界はどうなってるの?

 サウジVSイラン、水爆実験の北朝鮮など、こんなバカな戦争ごっこや危機を演出するようなことをして何処の国が儲かるの?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949312815&owner_id=8712738
            2016年01月06日20:41
          全体に公開 みんなの日記 109 view.

■北朝鮮が「初の水爆実験に成功」と発表 特別重大報道で
(朝日新聞デジタル - 01月06日 11:24)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3790719

 <狂気の沙汰、何故此処まで暴挙を犯しても戦争屋、アメリカは北朝鮮らには甘いのか?>

 「こんなバカな戦争ごっこをして誰が儲かるのでしょうね?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1833996469&owner_id=8712738

 そもそも朝鮮動乱を起して金儲けした国は何処の国なの?

 そして敵対国、アメリカ帰りの李承晩を大統領に立てた韓国、抗日パルチザンの金日成を首塊に持って来たのは何処の国なの?

 それ以前にオーストリアのハプスブルグ家の皇子を暗殺したり、東欧をバルカン化させ、第一次世界大戦を演出、後にレバノン、シリア、イスラエルらを作り紛争の火種を植え込んだのは何処の国々なの?

 更にその前には、イスラエルを作る為に英国の三枚舌外交、フサイン=マクマホン協定やサイクス・ピコ協定、バルファ宣言などで中東を支配していたオスマントルコを追い出し、中東をおかしくしたのは何処の国々なの?

 そんな流れの中で、第二次世界大戦をお越し、日独を徹底して叩きのめし、ソ連、アメリカで冷戦構造を演出したと同様に、アジア、極東でベルリンの壁、南北のベトナム、中国と台湾、更には韓国、北朝鮮とイデオロギーのショールームを作ったの欧米、NATOらで、紛争や混乱を起すように演出して来たのは列強と言われる欧米、NATOらじゃないのか?


 シリアのアサドはそんなに悪いことをしてなくて滅茶苦茶傷めつけられ、悪の限りを尽くして守られ援助を受ける北朝鮮、世界はどうなってるの?

 時に、私は関西ドットコムなどやEOネットでこれらのことを書いて来たが削除、ブロックされてしまった。

 が、その後にも、ブログを再度立ち上げた以下の私のSeesaaブログのブログを参考に読んで欲しい。

 北朝鮮 「在韓外国人は退避を」? 狂気の沙汰、何故此処まで暴挙を犯しても戦争屋、アメリカは北朝鮮らには甘いのか?
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/354820741.html

 こんな馬鹿を北朝鮮、金正恩に演じて貰って、誰が一番儲かるかを見たら誰が後ろで糸を引いているかが解らない人がいたら、それらの人は馬鹿だよね?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1898626774&owner_id=8712738
                   2013年04月10日15:31

 ■複数ミサイル同時発射も…ノドン、スカッド準備
(読売新聞 - 04月10日 11:59)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2389302

 北朝鮮 「在韓外国人は退避を」 ( #東京新聞 ) #googlenewsjp http://bit.ly/11Qofll 狂気の沙汰、何故此処まで暴挙を犯しても戦争屋、アメリカは北朝鮮(やイスラエル)らには甘いのか?イラク、フセインやリビア、カダフィーらやシリアには強硬だのにー

 とつぶやいたら、以下のコメントがー

 アメリカは北朝鮮が暴発してミサイルを韓国や在日米軍基地に打ち込んで欲しいのです。東アジアでの戦争を渇望しているのが米国です。かつては、ハワイの真珠湾を日本に攻撃させて経済破綻を防いだ様にです。今回は北朝鮮が戦争の引き金を引く可能性は高いです。残念ながら米国と北朝鮮は裏で繋がっており米国の傀儡政権です

 それに対し、私は次のように返した。

 CSIS、JH's、ヘリテージ財団らの主導の下、アメリカは日本を戦争に「巻き込む」計画である!http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/341838545.htmlと書いていますように戦争屋アメリカは中国や北朝鮮、韓国などを使って巧みです。が、これらが現実に!

 > 残念ながら米国と北朝鮮は裏で繋がっており米国の傀儡政権ですの通りで、今までも北朝鮮情報はアメリカ発信ですから、これらに気が付かない人の方はお目出度い、まさに目出度いのがNHKや大マスコミ、御用評論家、学者らですね!?

 と返答した。 また、これらに対して以下のようなことを言う人達がいる。

 「ミサイル防衛では国民は守れないのです」 守れるように宣伝する政府  孫崎 享 
http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/312.html

 北朝鮮のミサイルには実弾は装てんされていない 〜 青山繁治
http://www.asyura2.com/12/warb10/msg/881.html

 と言ったように虚々実々、どれが本当か判らないようだがーー

 9日、産経新聞は以下のように報じています。

 「北朝鮮の新型弾道ミサイル発射に備え、防衛省は9日未明、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を東京・市谷の同省敷地内に運び込んだ。」

 の記事を見て、またNHKら大テレビ報道でミサイル防衛システムを装備したとの報道で、多くの国民は北朝鮮のミサイルに政府は然るべき対応をした、頼もしいと思っていることでしょう。

 しかし、ミサイル防衛システムで国民は守られないのです。 ここでも嘘と詭弁です。

 私は以前、麻生太郎政権の時に

 こんなバカな戦争ごっこをして誰が儲かるのでしょうね?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1833996469&owner_id=8712738
          2012年03月30日20:29
              続く―――以下省略

 と書いているが、北朝鮮も悪を演じることでアメリカ主導の下で日本や韓国らからも援助して貰えるシステムを作ったのは何処の国なんでしょうね?

 以下は「■北朝鮮が「初の水爆実験に成功」と発表 特別重大報道で」のニュース記事です。

 > 北朝鮮は6日午後、「6日午前10時(日本時間10時30分)、朝鮮で初の水素爆弾実験を成功させた」と発表した。朝鮮中央通信が伝えた。北朝鮮による核実験は2013年2月以来、4回目。韓国政府は同日正午に国家安全保障会議(NSC)を招集した。北朝鮮の核実験により、朝鮮半島での緊張が高まるのは必至の情勢だ。日本政府もNSCを開き、情報収集と分析を始めた。

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)政権は経済改革と核開発を同時に進める「並進路線」を主張。日米韓は、北朝鮮が弾道ミサイルに搭載できる核爆弾の小型化を目指し、実験を更に続けるだろうとみていた。ただ、北朝鮮が水爆を開発する技術力は保有していないとしている。北朝鮮は最近、国際的な孤立を深めており、「水爆」による核実験という最も強硬な対応に踏み切った。

 朝鮮中央通信は、金正恩第1書記は昨年12月15日に水爆実験を実施する命令を出し、今月3日に最終命令書に署名したと伝えた。

 韓国気象庁によれば、北朝鮮北部、咸鏡北道吉州(ハムギョンブクトキルジュ)郡の北方約50キロの地点(北緯41・30度、東経129・09度)で6日午前10時半ごろ、マグニチュード(M)4・8の人工地震を感知した。吉州郡豊渓里(プンゲリ)には北朝鮮の核実験場がある。

 北朝鮮は過去、2006年10月、09年5月、13年2月の計3度にわたって核実験を実施。最近も同実験場で4本目の新たな実験用トンネルの掘削が確認されていた。韓国国防省関係者は「北朝鮮はいつでも核実験を実施できる準備を整えている」と指摘した。

 同庁の観測では、06年の実験の際はM3・9、09年はM4・5、13年はM4・9程度。北朝鮮は爆発力の強い水爆を使ったと発表したが、爆発は過去と同規模だった。

 韓国メディアによれば、欧州地中海地震学センターや、米国地質調査所、中国地震センターなども地震発生を確認した。震源は北朝鮮北部の両江道(リャンガンド)白岩(ペクアム)郡の可能性もあるという。

 北朝鮮は09年の実験の際、「小型化、軽量化した原子爆弾を使った」と説明したが、日米韓は北朝鮮が弾道ミサイルに搭載できる核爆弾の開発には成功していないとみていた。

 北朝鮮には水爆を開発する技術力はないとみられるが、今回、核融合技術を一部使って爆発力を飛躍的に高めた「ブースト型核分裂爆弾」(強化原爆)を使った可能性は残されている。

 北朝鮮は現在、ウラン型とプルトニウム型の核爆弾十数個を保有しているとみられる。ヘッカー米スタンフォード大教授によれば、20年までに計50個の核爆弾を保有する可能性もあるという。

 韓国政府によれば、北朝鮮は今回、中国に対して実験を事前に通報しなかった。過去3回の核実験では、実験直前に中国に通報してきた。中国の習近平(シーチンピン)政権は北朝鮮の核開発を厳しく批判。冷え込んだ中朝関係が背景にあるとみられる。

 今後、国連安全保障理事会が新たな制裁決議の採択を目指すとみられるが、中国の対応次第では、国際社会がより強硬な制裁に踏み切る可能性が高い。(ソウル=東岡徹、牧野愛博)
posted by てんぐゆうたろ at 07:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。