2015年12月15日

米、売国奴官僚主導の不正選挙で作られた安倍自公政権では失われた20年、堂々巡りアメリカに喰われ放題全くの時間と金の無駄の繰り返しでもっと悪化だね !

米、売国奴官僚主導の不正選挙で作られた安倍自公政権では失われた20年、堂々巡りアメリカに喰われ放題全くの時間と金の無駄の繰り返しでもっと悪化だね !
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1886325366&owner_id=8712738
2012年12月27日11:40

と三年前に書いた日記だが、米、売国奴財務官僚らのロボット、傀儡の菅前、野田首相の二年間は時間と金の全くの無駄だった! またムサシらの不正選挙で作られた安倍第二次内閣でもっと悪化すると書いたが、この通りになって来ているので再掲載する。 参考に読んで頂きたい。 2015年12月15日

新内閣、経済再生など最優先
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=2270739

 米、売国奴財務官僚らのロボット、傀儡の菅前、野田首相の二年間は時間と金の全くの無駄だった!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/275800864.html

 アメリカ、売国奴官僚、勝栄二郎財務次官らが仕掛けたクーデターに乗った菅前、野田首相の二年間は時間と金の全くの無駄だったのだ!     
              続くーーーー

 と書いたように安倍自民党、また安倍内閣の閣僚らを見て菅、野田民主党よりアメリカ、売国奴官僚らのロボット、傀儡で、米、売国奴財務官僚らの言いなりだから従米、隷属で菅、野田時代より以下にツイートした如くもっと悪くなり、国民はもっと疲弊し、犯罪も増え、戦争に仕向けられて行くでしょう!

 振り込め詐欺被害最悪の315億円 :今年、現金受け取り型増加http://www.asyura2.com/11/nihon30/msg/678.html急激な株安、為替変動はアメリカの「振り込め詐欺」の常套手段だ!http://www.asyura2.com/11/hasan72/msg/789.html …米国は安倍擁立で戦略を変え円安、株高だと書いた如く米国の振り込め詐欺に注意を!

 米、売国奴財務官僚らのロボット、傀儡の菅前、野田首相の二年間は時間と金の全くの無駄だった!http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/275800864.html 今回も米、売国奴官僚主導の不正選挙で作られた安倍自公政権では失われた20年、堂々巡りアメリカに喰われ放題全くの時間と金の無駄の繰り返しでもっと悪化だね

 偽ユダヤが師走の不正選挙を急いだのは来年からドル発行権と米国の支配権を失い40州が独立するからhttp://www.asyura2.com/12/cult10/msg/521.html 安倍氏が円安を主張 景気刺激の効果は短期的:グローバル企業の円安利益も一時的:国民の利益はほぼ皆無http://www.asyura2.com/12/hasan78/msg/783.html米の策略

 【急激な株安、為替変動はアメリカの「振り込め詐欺」の常套手段だ!今回の円安、株高もアメリカ、売国奴官僚らに依って仕組まれていた振り込め詐欺を許したと言うよりインサイダー、彼らは選挙資金稼ぎ全て知っていたのが安倍自民党だったと言うのが現実だ!】(反論出来る人がいるだろうか? もう来年の2月にもなったら円高、株安に振られるでしょう)

 と書いた如く、

 安倍氏が円安を主張 景気刺激の効果は短期的か:グローバル企業の円安利益も一時的:国民の利益はほぼ皆無http://www.asyura2.com/12/hasan78/msg/783.html 急激な株安、為替変動はアメリカの「振り込め詐欺」の常套手段だ!http://www.asyura2.com/11/hasan72/msg/789.html 米国は安倍擁立で戦略を変え円安、株高だ

 と書いた如く安倍のミックスだと言って円安、株高も一過性です。

> 第182特別国会が26日召集され、自民党の安倍晋三総裁(58)が衆参両院本会議での首相指名選挙の結果、第96代首相に選出された。安倍氏は直ちに組閣に着手し、同日夜、皇居での首相任命式と閣僚の認証式を経て、公明党との連立による第2次安倍内閣が発足した。民主党政権は3年3カ月で幕を閉じた。新政権はデフレ脱却と経済再生に最優先で取り組み、来夏の参院選で勝利して本格政権を目指す構えだ。【野口武則】

 安倍首相は26日夜、首相官邸で記者会見し、「国家国民のために目前の危機を打ち破っていく覚悟で『危機突破内閣』を組織した」と説明。「すべての閣僚に経済再生、復興、危機管理の三つに全力で取り組むよう指示した」と述べた。

 最重要課題に位置付ける経済再生については「大胆な金融政策、機動的財政政策、成長戦略の三本の矢で、経済政策を力強く進めて結果を出していく」と強調した。

 首相は第1次政権で目指した国家安全保障会議設置への意欲を表明。菅義偉官房長官(64)を国家安全保障強化担当にすることとし、「内閣を挙げて外交・安全保障強化に取り組む」と述べた。

 閣僚人事では、盟友の麻生太郎元首相(72)を副総理兼財務相兼金融担当相に、甘利明氏(63)を新設の経済再生担当相に起用。茂木敏充氏(57)を経済産業相に充てた。3氏はいずれも自民党政調会長経験者で、「経済シフト」の布陣が鮮明になった。

 野党時代の自民党を支えた谷垣禎一前総裁(67)を法相に起用。9月の党総裁選で争った石原伸晃前幹事長(55)を環境相兼原子力防災担当相、林芳正元防衛相(51)を農相でそれぞれ処遇し、「挙党一致」を演出した。

 10人の初入閣組のうち、古屋圭司国家公安委員長(60)は、自公両党が重要政策と位置付ける「国土強靱(きょうじん)化」担当も兼務する。石原氏の原子力防災担当とは別に、根本匠復興相(61)が「原発事故再生担当」を兼務し、東京電力福島第1原発事故の対応にあたる。

 安倍氏が重視する外交・安全保障分野では、岸田文雄元沖縄・北方担当相(55)を外相に、小野寺五典元副外相(52)を防衛相に充てた。

 首相指名選挙は、衆院(投票総数478票)では安倍氏が328票を獲得。参院(同234票)は1回目の投票で安倍氏107票、民主党の海江田万里代表87票といずれも過半数に達せず、決選投票に持ち込まれた。上位2人による決選投票の結果、安倍氏が107票、海江田氏が96票、無効・白票31票で、安倍氏が指名された。

 安倍氏は06〜07年に首相を務めた。再登板は、戦後では吉田茂元首相以来、64年ぶり2人目。

 ◆安倍晋三首相の記者会見の骨子◆

・国家、国民のために「危機突破内閣」を組織。経済再生、復興、危機管理に全力で取り組む

・大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を呼ぶ成長戦略が経済政策の「三本の矢」

・日米同盟強化が外交・安全保障立て直しの第一歩

・国家安全保障強化担当相を設け、司令塔となる「国家安全保障会議」を設置

・3党合意に基づき税と社会保障の一体改革を継続

・環太平洋パートナーシップ協定(TPP)は今後、総合的に検討

・デフレ脱却に向けた大型補正予算案を編成

 補足

 第2次安倍内閣は「危機突破内閣」でなくアメリカ、売国奴官僚の言いなりの危機突入内閣だ!
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1886305285&owner_id=8712738
posted by てんぐゆうたろ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

ムサシ、選管、NHKらの共謀の不正選挙:来年の参院選でも不正選挙、不正集計が企てられている!

 湾岸戦争、NYテロ、リーマンショックなどが仕組まれていたように第三次世界大戦も仕組まれている!?http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1886660341&owner_id=8712738
                  2012年12月29日23:05

 この日記、ブログは3年前に書いたものだが、書いた通りになっていると私は思っている。

 2012/3年の第三次世界大戦も見えざる政府、奥の院に依って仕組まれている!
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/10/post-9e80.html

 今回の衆院選は間違いなく国を挙げての国策的な不正選挙、不正集計、来年夏の参院選でも不正選挙、不正集計が企てられている!?
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/309885399.html

 この度の衆院選は不正選挙、期日前投票の改竄、投票読取機ムサシの不正集計(6)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1886097437&owner_id=8712738
             2012年12月25日20:04  

 【「12.16衆院選は不正選挙」今言わなくて何時言うの?】
            続くーーー
 
 と書いたように、またーー

 安倍政権の閣僚ら政治資金から不適切支出続々http://www.asyura2.com/12/senkyo141/msg/897.html TPP問題早くも自民党内でバトル開始http://www.asyura2.com/12/senkyo141/msg/898.html 不正選挙『未来』の1000万票が何処かに消えた!?http://www.asyura2.com/12/senkyo141/msg/629.html の如く造られた自公政権は死に体だ
 
 とツイートした如く、この度の衆院選で初めから小沢排除の為にアメリカ、売国奴官僚らの計画、謀略通り、NHKや大マスコミの世論調査などを使って自公300議席超え、維新50議席、未来10議席と予想まで出して選挙民、国民を煽り続けた。

 それらと同様にーー世界的にも、国内でおいても以下の暦の読みの如く、事前に全て何が起こるか、仕組まれているか予見し、予想が出来るものなのです。

平成24(2012)年、皇紀2672年、壬辰、六白金星の卦
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/242990135.html

 平成24年の天の氣は壬、人の氣は辰、地の氣は六白金星です。 天の壬の氣は妊(妊)を語源とし、万物の内部に新しきものを妊むの意です。人の辰の氣は振るうで万物の形態が整って活力旺盛なさまを指しています。地の氣の六白金星の氣は年により動くのですが「本来威風堂々、高貴な尊厳に満ち、時には傲慢で尊大に見えるが近寄りがたい格調の高さがある」のが特徴です。その意味で六白金星には「金属、それも未精錬の鉱物、それだけに荒々しさはあるものの剛毅な決断と攻撃、自尊心が備わっている」強い運気があるのです。
 また壬辰の納音は「社交的だが高慢の為争いやすい。周囲とは円満主義に徹すれば大成する」と出ています。
 
 以上のような天人地の氣を知ってここ数年の創造的破壊が起こっている現実と常識外の想像を超えた今年の破壊的な大震災、巨大津波、台風、洪水と世界的に破壊が起こっていると同様に政治的、経済的、社会的な面でもドラスティック、劇的な大変化、パラダイムシフトが起こり、今までの戦後66年の常識、定説、成功体験、肩書、学歴など全てが破壊され、崩壊しているのも60年周期説通り《歴史は繰り返し、戦争が仕組まれ、新ドル、新円切り替えも想定の範囲だ。 》と以前から言い、書いている通り来る平成24年は政治的にも、経済的にも、社会的にも更なる創造的破壊が起こるでしょう。

 昨年はーー
 平成23(2011)年、皇紀2671年、辛卯、七赤金星の卦 http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/12/post-37c4-1.html
の末尾の追記でーーー

 2012/3年の第三次世界大戦も見えざる政府、奥の院に依って仕組まれている!
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/10/post-9e80.html

 第三次世界大戦が仕組まれていると言うと「何を馬鹿な」と多くの人は理解出来ないでしょうが http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/11/post-ca78.html

 《歴史は繰り返し、戦争が仕組まれ、新ドル、新円切り替えも想定の範囲だ。 》
 と書いた通りですがその通りになったと思っています。
続くーーー

 と書いていたように、また、以前に以下の転載の通り書いていた如く、日清、日露戦争など、今までの戦争や大恐慌、湾岸戦争、NYテロ、リーマンショックなど大きな出来事は全てが仕組まれていたのです。

 NYテロもやらせ、この度の大恐慌もやらせ、八百長恐慌だ!・天狗のささやき(恐慌は金貸しが金儲けの為にわざと起こすようです
http://www.asyura2.com/11/hasan71/msg/232.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2011 年 3 月 09 日 16:36:09: 4sIKljvd9SgGs

http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2008/12/post-2f79.html
2008年12月29日 (月)
NYテロもやらせ、この度の大恐慌もやらせ、八百長恐慌だ! 来年の卦、平成21(2009)年、皇紀2669年、己丑、九紫火星の卦を詳しくはhttp://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2008/11/2120092669-ffbc.htmlに書いている通りですが大恐慌が起こされるのは間違いないようです。


素人の私でも昨年来よりアメリカはおかしいと書き、そしてこの3月に「アメリカはすタグレーションで大恐慌モードだ、日本はどうなる?」と注意が必要!だとhttp://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2008/03/post-8be9.htmlに書いている通りで感の言いアナリストや経済通の人ならアメリカ経済に破綻が起こされるのは時間の問題だと察知していたと思います。

 そこに知人から鬼塚英昭著の「八百長恐慌」、それらも、NYテロも、その後の戦争も世界を動かしている組織があると下記のように知らせてくれました。

 「事実は小説より奇なり」と言いますが、信憑性が高いので是非、是非、読まれることをお薦め致します。


(大恐慌と戦争を繰り返すのだろうか? ルーズベルトの負の遺産。
 http://diamond.jp/series/worldvoice/10025/  このような記事が出ていました、そして「文明の衝突」を書いたサミエル、八チントンが亡くなったともでていました、何か、仕組まれているとの示唆があり、何か、何か暗示的です。

 この記事に述べられていることを私は10年も昔に同じことを言い、書き続け、暦と歴史の暗示通りに大恐慌の後に第三次世界大戦は2012/3年の辰巳の年に起こされる、それもアメリカが衰退し、中国との力のバランスがあった時に起こされるのだと文句勇太郎の名の時に述べ、また書いているのですがそれが現実化して来ているようです。 

過去の暦、歴史の経験則<歴史は繰り返すでブッシュがフーバー大統領で、オバマがルーズベルトの役回りを演じる>で第三次世界大戦は2013年の癸巳、五黄土星の年に仕組まれていると断言して良いでしょう。

 それらを予知し日本の政治家、官僚らは世界観、歴史観を持って心してそれを阻止するようにして欲しいものだ。)


 以下は知人からのお知らせです。

 NYテロはやらせだったと言うことはインターネットや多くの資料などで、今ややらせだった、アフガン、イラクに侵攻する口実だったことは今や多くの人が知るところです。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=36189590&comment_count=867&comm_id=78312


 今また、大恐慌が起こされて来ている、1929年の大恐慌もやらせ、また第二次世界大戦も、大きな事件は皆、皆、やらせだと言って過言でないようだ。
 (アメリカのやらせのテクニックとしてリメンバーシリーズがある、1845年のアラモの砦事件、1895年のメイン号事件、1941年のパールハーバー事件、2001年のNYテロ事件と事前に判りながら国民を喚起させる為に隠された戦略があるリメンバー戦略がある。)と言われています。

 それと同じように2009年、今回の大恐慌は以下のように演出されていたと言うのです。 以下の文章は知人から知らされました、参考に読まれることをお勧め致します。

 世界を動かしているのは以下の300人委員会だそうです。
NYテロ、また大恐慌などを起こすように世界を動かしているのもこれらだそうです。
<ミミズク>
300人委員会【悪魔の地球支配21カ条】
http://elbaal.hp.infoseek.co.jp/olympians21.htm
この中の第16条に『世界の経済を完全に崩壊させ、政治的混乱を生じさせる。』とあるがほぼ実現しそう?
タイトルにシンボリックと入れましたが、イルミナティと言うのはホントにシンボルが好きですね


  八百長恐慌!(鬼塚英昭著、成甲書房)
 この本は売れている。一読して売れる理由が分かった。 筆者は、サブプライムは、国際ネズミ講だと言い切る。
 本の内容は、こうだ。

「住宅会社に金が湯水のごとく流れるシステムをFRBと財務省がつくった。
グリーンスパンはドルの大増刷を命じた。ブッシュは減税措置をとった。
全米の中小の銀行が住宅会社を援助した。
サブプライムで家を建てた貧者には、家を与えると同時に長期のローンを組ませた。
そのローン債権を中小の銀行は買った。
中小の銀行はこの住宅担保ローンをただちに、リーマン・ブラザーズやベア・スタンダーズに売った。
この2つの証券会社(投資銀行)は倒産する運命にあったのだ。」

 筆者は、以下、結論を述べている。

 私の結論を書いてこの本の終わりとする。
 これからも、ドルが大量に印刷され続けるであろう。そのドルは国際巨大ネズミ講の被害者である各国の金融機関に少しだけ流れるが、その多くは間違いなく、ネズミ講で巨大な利益を手にしたイギリスとスイス、そしてドイツの一部の巨大複合金融機関(LCFI)に流れていくであろう。
 やがて、人々はアメリカ国家が破綻していることを知るようになる。ドルの印刷が不可能になる時がやってくる。財政赤字と経常赤字がアメリカという国家を破綻させるのである。アメリカの国債がサブプライムのトリプルAと同じ運命をたどるのである。日本の国家も同じ運命をたどっていくであろう。
 ネズミ講が変貌していくのだ。統制資本主義の時代にすでに入りつつあるのだ。
 これは第三次世界大戦ではないのか。
 このまま静観すべきではないのだ。
 敵の存在を認めよ。その敵を打ち破る策を考えよ。
 今なら、今なら日本は危機から脱出できる。
 今なら、今なら、私たちは子孫に美しい国日本″を残せる。

 と以上のように書いていた通りで、今ならアメリカ追随をしなければ、戦争を回避できると思っています。 そうするにはどうするかはーー、

 アメリカに、官僚にノーと言え、国益を、政治を語れるのは亀井静香前大臣、また小沢一郎前幹事長しかいない。
http://www.asyura2.com/11/senkyo118/msg/387.html
 と書いていた通り、アメリカ追随の売国奴官僚らに踊らされた菅、野田民主党、そしてこの度の不正選挙で復権した自公政権や日本維新の会、みんなの党のように大政翼賛会政治をさせたら、日本は再び第二次世界大戦のような惨禍に見舞われる。 此処はアメリカに、官僚にノーと言え、国益を、政治を語れるのは亀井静香前大臣、また小沢一郎前幹事長に任せるしかないのです。
posted by てんぐゆうたろ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

強欲なエルドアン大統領親子を出したトルコにトルコ建国の父、ケマル・アタチュルクが泣いているに違いない。

 トルコが露機を撃墜はエルドアン親子が私腹を肥やしてたのを隠す為にアメリカらと謀った謀略だ!?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948437505&owner_id=8712738
              2015年12月07日05:42
           全体に公開 みんなの日記 136 view.

 ■ロシアとトルコ 撃墜事件でよみがえる500年来の対立の歴史
(THE PAGE - 12月06日 12:11)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=177&from=diary&id=3746595

 強欲なエルドアン大統領親子を出したトルコにトルコ建国の父、ケマル・アタチュルクが泣いているに違いない。

 私のマイミクの方が

 「ロシアはオーガニックな食べ物の世界一の輸出国をめざす」アメリカの邪魔者プーチン大統領!!
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948426158&owner_id=4836335

 の日記を書かれていたのに、私は以下のようにコメントした。

 態々トルコがロシア機を撃墜する意味が、何より利益が全く解らない。 ??? トルコが露機を撃墜はエルドアン親子が私腹を肥やしてたの隠す為にアメリカと謀った演出ですよ。それをCOP21に出席したフランスで、トルコと露、プーチンと仲介すると馬鹿発言、救いようがありません。 別件ですがユダヤ資本のアメリカも終りです。

 金の切れ目は円の切れ目か?
モンサントが訴えられた
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51975321.html

 以上の通りだが、また、先に書いた日記でのつぶやき、ツイートに

 フランス同時テロ、イスラム国騒動など不思議な事件、事故の記事、報道と同様にhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948437170&owner_id=8712738当節のNHKらの記者やアナの劣化は酷いと思われません? --- 乳児に覚醒剤投与し殺害した疑い 母親の知人の男逮捕 (朝日新聞デジタル - 12月06日 15:35) http://mixi.at/ajsokt0

 と書いたが、フランス同時テロ、イスラム国騒動など不思議な事件、事故の記事、報道と同様に最近の、当節のNHKらの記者やアナの劣化は酷過ぎる。

 アメリカボケ、自民党ボケの人たちや安倍ヨイショの、アメリカボケ、自民党ボケの、否、アメリカの、売国奴官僚らの狗、手先のNHKや大マスコミらの経営者や記者、アナら、それらに巣食うダニ、電波芸者、学者らには以下の転載記事1)〜4)の感性、感覚が理解出来ないらしい。

 今までの常識、定説、成功体験、肩書き、学歴など全て通じない時代になると書いていた通りの時代になりました!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/256338249.html

 と私は以前に書いていたが歴史が動き、パラダイムシフトしているがアメリカボケ、自民党ボケの人達には理解が出来ないようだ。

     転載開始

 1)
 天木・安倍はプーチン、オバマと立ち話すらできなかった。馬鹿でワルだからではなく、役立たずだから退陣させるべきです。
http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/426.html

 2)
 シリアのアサド政権を倒すためにISを使ってきた米から反テロの露へ主導権が移動して空爆が変質(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/548.html

 3)
 ドル詐欺は、幹や枝の部分で着々とNWO詐欺を進めていますが、根を見ると連中を捕囚するテクノロジーばかりです。
http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/425.html

 4)
 世裏・トルコが偽イスラム国と取引、ネトゲ・安倍も石油を買っていた、さて・背後にNATO。全てドル詐欺陣営の自作自演です。
http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/420.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 12 月 04 日 10:17:59: 4sIKljvd9SgGs

 ドル詐欺のくそじじいは、トルコ・サウジ・イスラエルのいずれをスケープゴートにして誤魔化そうか必死のようですが、ジハードジョンマケインを生け贄に差し出さなければネット族は納得のしようがありません。

 しかし、マケインを見殺しにすると偽ユダヤファミリーの結束が乱れ、パシリも言うことを聞かなくなるといった所のようで、エルドとネタあたりを差し出して米共和党に波及しないようにしようとしているようですが、もうネット族はドル詐欺の飼い主のスイスのくそじじいまで疑っているのですからくそじじいの尻尾切りはうまくゆきません。

 それどころか、忠実なパシリの安倍にまで飛び火して、来年の国会は偽イスラム国会となりそうな気配で、ドル詐欺は上も下も火だるまという感じです。

 中東は今や、コンビニ本部の呪縛から解き放たれた店舗オーナーという感じで、直営のサウジ以外はくそじじいから中露に乗り換え、火薬庫にする事も買い叩く事もできず、弁当の見切り売りみたいに激安でバンバン販売されて、入り口の原油枯渇詐欺を続ける事も出口の温暖化詐欺も続けられず、偽ユダヤの商法の基本中の基本である買い占め売り惜しみができず、オイルダラー詐欺もテロ詐欺もうまくゆかず、踏んだり蹴ったりのようですが、人類が連中に先祖代々ひどい目にあってきた事を思えば当然の報いで、一番ひどい目にあってきた中露印がジャッジすればいいのです。

 ローカルなことを言えば、原油がただみたいなものである事がバレたのだから、ガソリン税も小沢民主党が国民の支持を得てドル詐欺官僚に潰された暫定税率の廃止を実現し、税額を税率にして、酒より酷くなってしまった税負担を軽減し、コストコ以上に安く売れるようにし、全産業と全消費者が原油安の恩恵を享受できるようにし、日本経済をまともな状態に戻す事です。

 また、高速無料化も小沢が国民の支持を得てドル詐欺官僚が潰したのですから、こちらも民意に従って実施するのが筋というものです。  

   転載記事終り

 またこれら1)から4)の日記のコメント欄に意外な真実が書かれてますよ。

 以下は「■ロシアとトルコ 撃墜事件でよみがえる500年来の対立の歴史」のニュース記事です。

 > 11月24日に起きたトルコによるロシア機撃墜は、両国の深刻な対立を招きました。「領空侵犯」をめぐる双方の言い分は食い違っていますが、ロシア側は外相のトルコ訪問を中止したり、トルコに対する経済制裁を決定したりしています。しかし、トルコとロシアの対立の歴史は今に始まったことではありません。15世紀以降の「帝国」時代から第二次大戦後の現代にいたるまでの両国の歴史を、放送大学教授の高橋和夫氏に振り返ってもらいました。

15世紀以降で17回の戦争

 11月末にトルコとシリアの国境付近でトルコ空軍機がロシア軍機を撃墜しました。撃墜されたロシア軍機のパイロット二人はパラシュートで脱出しました。一人は無事に救助されましたが、他の一人は地上からの銃撃で死亡しました。一方でトルコはロシア機が領空を侵犯したので警告を与えた後に撃墜したと主張し、他方ロシアは領空の侵犯はしていない。また警告もなかったとしています。この事件を受けて、即座にトルコはNATO北大西洋条約機構の緊急理事会の招集を要請して、NATO諸国の支持を要請しました。ロシアの方は、一部食料のトルコからの輸入を禁止するなどの経済制裁を発表しました。

 両国関係は険悪な様相を見せ始めたわけです。どちらの主張が正しいのかを判断する材料は筆者にはありません。しかし、この事件によって両国関係が突然に悪化した背景には、両国間の歴史的な対立があります。現在のトルコという国は「オスマン帝国」の継承国です。オスマン帝国は、かつてはイスタンブールを首都としアジア、アフリカ、ヨーロッパにわたる広大な領土を支配していました。その北東に誕生したのが「ロシア帝国」でした。ロシアは、南方へと拡大します。冬になっても凍らない港、いわゆる不凍港を求めての南進でした。その過程でオスマン帝国と衝突しました。こうした戦争の幾つかは、クリミア戦争や露土戦争として知られています。

 15世紀以来、数え方にもよりますが両帝国は17回も戦争を戦っています。そしてオスマン帝国が単独で勝利を収めた例はありませんでした。戦績は、いわば東京六大学野球の法政と東大の対戦記録のようなものです。もちろんロシアが法政でオスマン帝国が東大でした。戦争のたびにロシアは鰹節でも削るようにオスマン帝国から領土を奪い取りました。 したがってトルコ人にはロシアに対する恐怖心があります。歴史がDNAに埋め込んだ脅威認識です。今回の事件は、そうした苦い記憶をトルコ人の心によみがえらせたのでした。

 ちなみにトルコ人の日本に対する好意の背景には日露戦争での明治日本の勝利があるでしょう。こうした日本人に対する感情はトルコ人ばかりでなく、イラン人、ポーランド人、フィンランド人などにも共通しています。いずれも大国ロシアの隣人たちです。

トルコのNATO加盟と冷戦

 この脅威認識は、オスマン帝国がトルコになり、ロシアがソ連に代わっても続きました。第二次大戦が終わった1945年には、ソ連はトルコに対する領土要求を突き付けます。ソ連と国境を接するトルコ東部のカルスとアルダハンという2つの地域を要求します。トルコは、これを拒絶します。そして欧米諸国に接近します。1949年にNATO北大西洋条約機構が成立すると、トルコは加盟を申請します。しかしながら、西ヨーロッパ諸国はNATOの範囲をトルコにまで広げるのに冷淡でした。その西ヨーロッパ諸国を説得するのに一役買ったのが朝鮮戦争でのトルコ軍の奮戦でした。

 1950年に朝鮮戦争が始まるとトルコは国連の要請に応えて派兵しました。トルコ軍は勇敢に戦いました。これは、小国トルコのソ連に対する痛々しいまでのメッセージでした。侵略を受ければトルコは徹底して戦うという意志表示でした。また欧米諸国に対してもトルコが信頼に足る同盟国であると、証明しました。その結果、欧米諸国は、1952年にトルコのNATO加盟を認めました。

 朝鮮半島で停戦の成立した1953年までの期間に、結局1万5000人のトルコ軍将兵が朝鮮半島で戦いました。トルコ軍は勇敢な戦いぶりで賞賛を集めました。しかし1000人近い死者と行方不明者を出し、また2000人以上が負傷しました。合計で3000人が、戦死したり、行方不明になったり、負傷したわけです。派遣兵力の二割が犠牲となりました。トルコ軍の血みどろの闘いぶりでした。あたかも流されたトルコ将兵の血がNATOへの入場料であったかのようでした。現在でも朝鮮半島南端の釜山の国連軍墓地に多数のトルコ軍兵士が眠っています。

 NATOに加盟後は、トルコはアメリカの空軍基地を受け入れました。また核兵器を搭載したアメリカの中距離弾道ミサイルの持ち込みを許可しました。NATOの忠実なメンバーとして冷戦の最前線を守っていたわけです。その結果、ソ連との関係は険悪でした。

 しかし冷戦が終結し、ソ連邦が崩壊するとトルコとロシアの関係は改善されます。トルコはロシアのエネルギーを必要とし、ロシアはエネルギー市場としてトルコを重視しているからです。現在トルコの消費する天然ガスの6割近くがロシアから送られています。両国は経済的な相互依存関係にあるのです。

シリア情勢が両国に再びヒビ

 この両国関係にヒビを入れたのがシリア情勢です。シリア情勢に関しては、両国は対立関係にあります。ロシアがシリアのアサド政権を支援しているのに対し、トルコは反アサド勢力を支持しているからです。経済的な相互依存関係と外交的な対立関係が併存するという複雑な様相を呈しています。ロシアにとってもトルコにとっても相互依存関係を破壊するような行為は得策ではありません。天然ガスや原油といったエネルギー輸出の停止が含まれない限り、ロシアの制裁は本気ではないわけです。

 経済関係の枠組みを壊さない範囲での、シリア情勢をめぐる綱引きが両国間で行われるでしょう。とりあえずは、ロシアはトルコの支援する反アサド勢力への爆撃を強化するという形で今回の撃墜事件に対応すると予想されます。

 ■高橋和夫(たかはし かずお) 評論家/国際政治学者/放送大学教授(中東研究、国際政治)。大阪外国語大学ペルシャ語科卒。米コロンビア大学大学院国際関係論修士課程修了。クウェート大学客員研究員などを経て現職。著書に『アラブとイスラエル』(講談社)、『現代の国際政治』(放送大学教育振興会)、『イスラム国の野望』(幻冬舎)など多数
posted by てんぐゆうたろ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。