2015年10月17日

売国、亡国の安倍晋三、安倍再自公政権では政治、経済、社会は悪化するばかり、事実も報じられないようではマスコミとしての価値はない!

 売国、亡国の安倍晋三、安倍再自公政権では政治、経済、社会は悪化するばかり、事実も報じられないようではマスコミとしての価値はない!
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947017848&owner_id=8712738
               2015年10月17日01:48
            全体に公開 みんなの日記 61 view.

 日経平均の反発http://www.asyura2.com/15/hasan101/msg/541.html 筆者の在野のアナリストさんが書かれている通りで、今の安倍政権では全てが米、悪徳JH'sのCSISらやその狗、手先の売国奴官僚らの言いなりで円安、株高を意識し報道規制、統制をし、まるで社会主義で官主導政治、経済、社会を演出してる。

 今や国民生活は確実に悪化しており、副作用だけが控えている。総括なくして新三本の矢もへったくれもない。 小沢一郎(事務所)http://www.asyura2.com/15/senkyo194/msg/760.htmlこれが実態なのに安倍ヨイショのNHKや大マスコミらは何故安倍ヨイショし続けるの?

 「(小沢代表)この二年間で実質賃金は6%も減少しており、消費が増えるわけがない。この国の経済政策はどんどん間違った方向に向かっている」「アベノミクスの失敗、安倍バブル崩壊が始まった。日銀短観は恐怖の前兆」「S&P、日本を格下げ。S&Pはアベノミクスに否定的見解」=>深刻すぎます!転載 これが実態だ!

 とツイートした通りが米、悪徳JH'sのCSISらやその狗、手先の売国奴官僚らの命令通り、今の安倍晋三、安倍再自公政権らが動いているだけで政治、経済、社会は悪化するばかりが実態だ。

 そんな中で何故やらせの世論調査をして安倍内閣、自民党の支持率が微動なの?


 こんな馬鹿げたやらせの世論調査なんぞ誰が信じるの?http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947006358&owner_id=8712738アメリカは衰退、米海兵隊らや米国が日本を守ってくれると思ってるのか? --- 内閣支持微増、39.8%=安保法、6割が抑止力否定―時事世論調査 (時事通信社 - 10月16日 17:01) http://mixi.at/agoXH94

 安倍ヨイショの偏向報道ばかりを繰り返すNHKや大マスコミらや欧米、否、アメリカ情報を垂れ流す共同や時事らのやらせの世論調査って誰が信じるの?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947006358&owner_id=8712738

 米、悪徳ジャパンハンドラーのCSISらやその狗、手先の売国奴官僚らの命令通り、今の安倍晋三、安倍再自公政権らが動いているだけで政治、経済、社会は悪化するばかりが実態だと言うのにーー


 安倍放送局の籾井NHKと同様に御用評論家、解説者の田崎史郎の時事らしい捏造、やらせ世論調査だ。

 以下の在野のアナリストさんの「日経平均の反発」の転載記事に書かれている通りが今の日本だと言って間違いありません。

      転載開始

 日経平均の反発(在野のアナリスト)
http://www.asyura2.com/15/hasan101/msg/541.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 10 月 15 日 23:47:00: igsppGRN/E9PQ

日経平均の反発
http://blog.livedoor.jp/analyst_zaiya777/archives/52744088.html
2015年10月15日 在野のアナリスト

 安倍首相がJA全中で挨拶をした、との報道は多いですが、そこでヤジをとばされた件について報じたところはごく一部。見事にそろって報道規制がかかったようです。TPP合意をうけ、JA内に高まる不満が噴出したとしても、一向に不思議はありませんが、それすら安倍政権下では禁忌扱いをうけるようです。それが政権への配慮なのか、TPPで恩恵をうける大広告主への配慮なのか、は不明ですが、事実も報じられないようではマスコミとしての価値もないのでしょう。

安倍氏は産業競争力会議でも挨拶していますが、成長戦略が「新たなステージに入る」とし、「カギは生産性革命」として人材やITへの積極投資を促すそうです。しかし安倍ノミクス旧3本の矢の成長戦略は「なかった」のであり、「新たな…」どころか、いつ始まるのか? がカギです。生産性革命どころか、成長戦略をどうつくっていくか、その成長戦略を産みだすのに革命が必要なほど、硬直した思考、発想しかない。今さら人材やITなど、手垢のついた話をもちだす時点で、何の期待ももてないことが明白です。しかもまた「デフレ状況ではなくなりつつあり…」という話をもちだしましたが、生産者物価の大幅下落など、明らかにデフレに陥りつつあります。

日経平均が急反発しましたが材料もなく、理由が不明とされます。ただこれは単純で、最近の動向は日系の大手証券1社の動向で決まることが多い。昨日、一昨日はそこが日経225先物を2000枚以上売ったので下がり、今日は2000枚以上買ったので上がった。買いの筆頭、売りの筆頭に名を連ねることがここ数ヶ月で一気に増え、しかも決まって1日の傾きが2000枚から2600枚に収まっている。ここ数日の上げ局面で堪った買いをはきだし、ポジションが軽くなったので、今日は買いの余裕がでた、となります。朝方からしつこく買ったのはこの主体で、ほぼ間違いありません。

しかし為替は欧州市場で一時、118円割れを試しにいくなど、ふたたび市場が不安定化していることが顕著です。昨晩は米小売売上高が予想外にマイナスと、世界全体に消費不況の波が襲いつつあり、輸出入など貿易の停滞も意識される水準に来ました。為替市場が先にリスクオフの動きに傾くのも自然な流れです。最近、株式との連動も薄れましたが、今は米国のスニーカー市場のように、一部の投機的市場は活況という二極化を示している。金余り下の不況、という状況によって、新たな動きが出つつあり、その一環として株高も維持されているのような状況といえます。

米企業決算も始まりましたが、米小売大手のウォルマートが見通しを下方修正したように、より消費者に近いところから苦境を感じ始めているのでしょう。金余りでデフレ、これが世界の新常態になりつつあり、投機的には上げたくても、実体経済の悪化がそれを許さず、そのことで市場が弱含み、投資を減退させて市場全体が地盤沈下を起こしかけている。日本でも短期の動きが活発でも、売買高がまったく伴いのは、長期の資金が逃げているため、というのが現状です。

日系の大口資金が、首をかしげる局面で反対に動くことで、やたら値動きを大きくしている。VIX指数が下がっても、日本の不安定感はつづくのでしょう。成長戦略なき安倍政権により、日本市場でも少子高齢化がすすんでいます。本来、成長すべき子、つまり新興企業が大事にされず、老体になって機動力も失った大企業が、安穏と生き延びる。新陳代謝を失った市場をまず革命しないと、日本にとっての成長は想像しえないのでしょう。とはいえ、その古ぼけた大企業は自民党の献金元であり、切ることができない。人材やITに変革が必要なのは、実は国会なのかもしれませんね。
posted by てんぐゆうたろ at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。