2015年10月13日

戦争屋、アメリカの時代は終った。 諸悪の根源はアメリカだって判らないのかな?

 イデオロギーでの洗脳でアメリカボケ、自民党ボケの人達は未だに20世紀の頭構造、頭回路で、世界情勢、世界地図、世界の社会構造が変ったが理解出来ないらしい。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1946876295&owner_id=8712738
                  2015年10月12日04:20
               全体に公開 みんなの日記 141 view.

■翁長沖縄知事、辺野古取り消しを13日発表=政府、即時対抗措置へ
(時事通信社 - 10月11日 17:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3658676

 戦争屋、アメリカの時代は終った。 諸悪の根源はアメリカだって判らないのかな?

 「こんな馬鹿げたことばかりしていたら辺野古取り消し騒動だけで済まず、沖縄独立を言い出すようになるに違いない。」

 天狗佑太呂@tengunosasayaki
 誰がカダフィ大佐を殺したのか?次の標的はシリアのアサドと世界大戦が仕組まれている!天狗のささやきhttp://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2011/10/post-e1f3.html アラブの春、ジャスミン革命から初まり今、又アルジェリア、マリと拡大も欧米は資源国に密使を送り込み内紛を演出し略奪を企てる欧米の常套手段の謀略だ。
11:11 - 2013年1月20日

 と以前にツイートしたが、諸悪の根源は戦争屋、アメリカ、NATOらだと私は思っている。

 イデオロギーでの洗脳でアメリカボケ、自民党ボケの人達は未だに20世紀の頭構造、頭回路で、世界情勢、世界地図、世界の社会構造が変ったが理解出来ないらしい。


 だから

 <プーチンってやっぱ悪者?>プーチン大統領が記者会見でアメリカの現状を非難!(7分・日本語字幕付き)
http://www.asyura2.com/15/kokusai11/msg/519.html

 と言ったふうに未だにプーチンを悪者扱いをしている。

 ペレストロイカ、グラスノスティーと言ったゴルバチョフ、続いてエリツィンとソ連の混乱からプーチンが大統領になった時点でこのプーチンこそ凄い男が出て来たと当時から書いているが、任期が切れても法令を変え、首相として院政を敷き、再び復帰、返り咲き、ロシアとして再生させた稀有な政治家だ。

 そんなプーチンがウクライナ、クリミヤを奪回、これこそ政治家として一流の政治家の所以、ところが西側、特にアメリカらは冷戦構造を再び惹起させ、ロシア経済制裁をし、その尻馬に乗ったのが安倍晋三、安倍再自公政権だ。

 またロシア、冬季オリンピック、ソチで開催予定があったG8を取り止め、ロシアを排除し、G7をヨーロッパで開催し、徹底してロシア外しをした。

 もうアメリカの時代でもないし、イデオロギーの時代でもない、今こそ西側だけの会議ばかりせず、中露印など、またアジア諸国、中東をも巻き込み、纏めるように出来る人はプーチンしかいないと思う。


 アメリカらのマッチポンプで冒頭にツイートした如く、アラブの春、ジャスミン革命で中東を混乱させ、リビアのカダフィー大佐を殺し、今度はイスラム国、ISISを自作自演させ、中東を、シリアを大混乱させ、アサド排除と躍起だ。

 それにプーチンはシリアのイスラム国の基地がある処を空爆とこれらの混乱の鎮火をしている、彼、プーチン程の政治かは今の世界にいないと思う。


 遠回りした説明になったが、もう仮想敵国、中国と決めつけず、中露と不可侵条約を結び、アメリカ依存、隷属、従米思想から卒業すべき時が今だ。

 が、未だにアメリカ追随、従米、隷属の安倍晋三、安倍自民党らの連中らはーー

 島尻新沖縄担当相に佐藤優が「存在自体が日本の恥」「吐き気をもよおす」と激怒! その理由とは?(リテラ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo194/msg/557.html

 と問題を起すような内閣改造で馬鹿げた人事をし、島尻ならぬ、島袋、否、島尻、安倍らが袋叩きになると言う事が解らないらしい。

 こんな馬鹿げたことばかりしていたら辺野古取り消し騒動だけで済まず、沖縄独立を言い出すようになるに違いない。

 以下は「■翁長沖縄知事、辺野古取り消しを13日発表=政府、即時対抗措置へ」のニュース記事です。

 > 沖縄県の翁長雄志知事は13日に記者会見し、日米両政府が米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設先としている名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認の取り消し決定を発表する。関係者が11日、明らかにした。移設作業の法的根拠が失われるため、政府は13日中に対抗措置を打ち出す方針だ。

 沖縄県は13日、仲井真弘多前知事による埋め立て承認を取り消すと防衛省沖縄防衛局に文書で通達する。これに対し、同局は行政不服審査法に基づき、公有水面の埋め立てを所管する国土交通相に、取り消しの無効を求める審査請求と、その裁決が出るまでの間の執行停止の申し立てを行う。

 沖縄県は執行停止が決まれば、直ちに国地方係争処理委員会に不服申し立てを行うなど対抗措置を取る構え。国と沖縄県の対立が法廷闘争に発展する可能性が一段と高まる。

 承認取り消しは、辺野古移設阻止のための「最大の知事権限」。このため翁長知事は9月14日に承認取り消しの意向を表明後、政府の要求を受け入れて7日に行政手続法に基づく聴聞を行うなど、慎重に手続きを踏んできた。

 一方、政府は「承認手続きに法的瑕疵(かし)はなく、取り消しは違法」との立場。早期に県の主張を退け、現地作業を進めたい考えだ。
posted by てんぐゆうたろ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。