2013年03月31日

不正選挙、捏造された安倍再自公政権、円安、株高、アベノミクス、全てインサイダーの半年後が見えないのだろうか?(2)

 【不正選挙、捏造された安倍再自公政権、円安、株高、アベノミクス、全てインサイダーの半年後が見えないのだろうか?】
                    2013年03月30日07:56  

 アメリカ経済 ドル体制の終焉http://www.asyura2.com/11/hasan72/msg/789.html 米国の時代の幕を引く「BRICS開銀」http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/433.html アジアの時代、21世紀の国際金融体制が姿を現した。米国が「大旦那」を務めた時代は幕引きだ。世界の秩序は大きく変わり始めている。

 とツイートし、また曾て

 <ドル体制の崩壊、アメリカの凋落で「金は5000ドルを越え、ドルは50円を切る!」と断言!>は不変です。 http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2011/08/post-f410-1.html  と書いたようにーー

 冗談や戯言、ゲーム、目覚まし時計でなく現実にドルが、円が、国債が紙切れ、紙くずになる時代だ!

 新円切り替えも想定の範囲だ。  ドルや円のお金や国債は紙切れになる日も近い!

http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/08/post-ef1d.html

 と書き、また

 この国、日本の財務省、日銀らのプロと言われる人達は本当に「財政、財務、金融」のプロなのだろうか?
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2011/03/post-4df9.html
 と書いているが本当にこの日本に財政、財務、金融のプロがいるのだろうか?

 円は確実に暴落する、ドルは200円が妥当だと言うカリスマのトレーダーだと言われる藤巻健史さん(や円の暴落があると言う竹中平蔵元大臣ら)は正気なのだろうか? アメリカボケしていないだろうか? 
          続くーーー


 と書いていたが、日本には本当に「本当にこの日本に財政、財務、金融のプロがいるのだろうか?」と思う。

 私は以前から以下に転載した三菱総研の高橋乗宣さんは高く評価していたが今回の託宣も私と同じ考え、見方だと思いますので転載致します。

 米国の時代の幕を引く「BRICS開銀」 [高橋乗宣の日本経済一歩先の真相] (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/433.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 3 月 30 日 00:30:00: igsppGRN/E9PQ

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8385.html
2013/3/29 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ

先進各国になす術なし

21世紀の国際金融体制が姿を現した。米国が「大旦那」を務めた時代は幕引きだ。世界の秩序は大きく変わり始めている。

南アフリカで開かれたBRICS首脳会議は、新興国支援を目的とした「BRICS開発銀行」と、危機の際に資金を融通し合う「共同積立基金」の創設で合意したそうだ。戦後の世界経済は、「世界銀行」と「国際通貨基金」を中心とするブレドン・ウッズ体制によって支えられてきた。BRICSの構想は、その「過去の遺物」から離れ、独自の体制づくりに乗り出すというものだ。

1944年、英米を中心とする連合国は、米ニューハンプシャー州ブレトン・ウッズで、通貨価値や為替相場の安定について話し合った。その場でドルが世界の基軸となり、金1オンスが35ドルと定められ、各国通貨との交換比率も決定。1ドルが360円に固定された日本は、米国と友好な関係を保ちながら、戦後の復興を成し遂げ、高度経済成長を実現したのである。

1971年にニクソン大統領がドルと金の交換をやめ、2年後には為替も変動制となった。次第に米国は力を失っていくのだが、決済の利便性もあり、ドルの基軸は続いている。そこに風穴をあけるのが、今回の動きだ。

BRICS各国は、新たな開銀や基金を通し、アフリカや南米の新興国、発展途上国を取り込んでいくつもりだろう。実際に中国はアフリカ支援を活発化し、国益の拡大につなげようとしている。5カ国の合計GDPは世界の21%。十分にインパクトを与えられる規模だ。

これまで世界経済をリードしてきた先進各国に対抗する術はないように思う。ビッグ5とかG5とか呼ばれた米英独仏日は、自分たちが生きていくことに精いっぱいだ。域内の金融危機や自国の財政問題を抱えてアップアップ。新たな枠組みに加わろうにも、資金的な余裕はない。指をくわえて見ているしかないのが現状だろう。

日本も様子見だ。アジア開発銀行の総裁ポストを守り、東南アジアににらみを利かせても、しょせんブレトン・ウッズ体制の枠内の仕組み。新たな金融秩序の中で、どんな役割を果たせるのかは不透明である。

時代は大転換の局面を迎えた。

 転載終わり

 私は

 【不正選挙、捏造された安倍再自公政権、円安、株高、アベノミクス、全てインサイダーの半年後が見えないのだろうか?】

 この度の円安、株高も、野田ら当選を担保に解散も、小沢排除も、衆院選の不正選挙で安倍再自公政権の政権奪回も、米国、JH'sと売国奴官僚らが仕組み、演出した結果だ!

http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/311822321.html

 と書き、また

 強きアメリカを演出したレーガンのレーガノミクスが失敗だった如く強き日本を演出の円安、株高、アベノミクスも失敗は目に見えている!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/343346423.html

CSIS、JH's、ヘリテージ財団らの主導の下、アメリカは日本を戦争に「巻き込む」計画である!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/341838545.html経済戦争もまた然りだが今回の円安、株高などは全てインサイダーです。だからジョージ・ソロスが1000億も儲けたのです。
             
 と書いたが、一方で以下の転載記事のように何が言いたいのか、今一つ判らない記事が出ていた。

 日本株は、いったん大暴落する可能性がある インテリジェンスのプロ、原田武夫氏が大胆予測 (東洋経済オンライン) 
http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/426.html

 インテリジェンスのプロ、原田武夫氏と書かれているがこれでインテリジェンスのプロなのだろうか?

 今回の円安、株高、アベノミクスも全て「この度の円安、株高も、野田ら当選を担保に解散も、小沢排除も、衆院選の不正選挙で安倍再自公政権の政権奪回も、米国、JH'sと売国奴官僚らが仕組み、演出した結果だ!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/311822321.htmlと書いていた通り全て)インサイダー、だから上述のようにソロスがこの円安、株高、アベノミクスで1000億円も儲け、また安倍内閣らの閣僚らも大儲けしたに過ぎない。

 【不正選挙、捏造された安倍再自公政権、円安、株高、アベノミクス、全てインサイダーの半年後が見えないのだろうか?】 と書いていた通りで懲りないNHKや大マスコミらの報道に踊らされていると又大やけどするに違いありません。
posted by てんぐゆうたろ at 21:26| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。