2013年03月29日

安倍晋三首相は現代の井伊直弼、何のことはない、江戸末期ペリーに脅されて、開国した屈辱を、また、再演しようとしている平成維新TPP!

 何のことはない、江戸末期ペリーに脅されて、開国した屈辱を、また、再演しようとしている平成維新TPP!
                      2013年03月28日00:30  

 TPPはあの不平等な日米修好通商条約や日米安保らと同様に郵政改革より酷い従米隷属政策http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/344319266.html 日欧EPAはTPP2番煎じの日本植民地化計画、欧米の資本侵略による世界覇権を阻止http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/682.html 日欧EPA、TPP断固阻止

 政治家やアメリカの狗、売国奴官僚らは、またそれらのメッセンジャーボーイと化したNHKや大マスコミ、読売、朝日、産経、毎日、日経らの新聞、テレビらの経営者や記者、それらに巣食うダニ、御用評論家、学者らは目が開いているのだろうか?

 日本は、世界的にも国境の垣根が圧倒的に低くなっており、成長する海外の活力を取り込む体制はできており、あとは成長国とルールを作るだけなのである。

世界の経済連携で最も必要なことは、過度に自由化を強いるのではなく、経済のブロック化をするのではなく、市場原理で競争をするのではなく、諸外国と最大公約数の経済連携できるルールを策定することである。

このことを考えれば、米国が無理強いを迫っているTPPは無用の長物であろう。
日本は、世界を敵味方に分けず世界の秩序を守るためTPPを離脱すべきである。

 と書かれている通りであり、私が「TPPはあの不平等な日米修好通商条約や日米安保らと同様に郵政民営化(郵政改革)より酷い従米隷属政策となる!」と書いてある通りであり、また

 安政5年、日米修好通商条約が総領事ハリスの脅しで締結。
@横浜、函館、長崎、新潟、神戸を開港する。

A日本の関税は、相手国が決める。

B日本で、犯罪を犯した外国人は、外国が裁く。

C外国人は、居留地で、永久に土地を使う権利を持ち、自治権を持つ。

Dアメリカを、最恵国待遇を認める。

何のことはない、江戸末期ペリーに脅されて、開国した屈辱を、また、再演しようとしている平成維新TPP。

これを、オランダ、ロシア、イギリス、フランスとも条約を結んだ。

 と書かれている通りであり、また安倍晋三首相ら政治家や売国奴官僚らはその轍を踏むつもりなのだろうか?


 と書いたのに米国、JH's(ジャパンハンドラー)のCSIS、ネオコン、ヘリテージ財団ら、それらの狗の財務省、外務省を主とした売国奴官僚らに依って仕切られた不正選挙で捏造、作られた安倍晋三首相、安倍再自公政権は以下に書いた通りで米国の露骨な要求をジャパンハンドラー、売国奴官僚らの言いなりで、またNHKや大マスコミらも解説とか論評もせず、批判することなく原発再稼働、消費増税、TPP参加を遂行することを礼賛し、それらの法案を通すのに加担、一方で反原発、反消費増税、反TPP参加を言う小沢一郎グループらを、小沢一郎代表を抹殺する為に小沢潰し、小沢排除に必死なのが見てとれます。

 こんな日本を売り渡し、また日本を壊してしまう原発再稼働、この不景気に消費増税、医療、金融、保険など崩壊させるTPP参加と言うような馬鹿なことをする安倍晋三首相に私は井伊直弼を、彼の祖父、近衛文麿を感じるが注意が必要だろう。

 安倍再首相が呑んだ、米国の「露骨な要求」 第3次アーミテージレポート作成メンバーによる「幻の講演」全邦訳!
                 2013年03月27日02:22  

 アーミテージ・ナイ レポート2012年8月「CSIS(戦略・国際研究センター)報告書」(1)
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/700a83467546b938fb86dee3a5fc7a66
   2012-10-04 19:21:47 | 世界

アーミテージ・ナイ レポート

CSIS(戦略・国際研究センター)報告書
米 日 同 盟
―アジアの安定を保持する―
リチャード・L・アーミテージ、ジョセフ・S・ナイ

2012年8月

http://csis.org/files/publication/120810_Armitage_USJapanAlliance_Web.pdf

 【メルマガ公開】 米国の「露骨な要求」 第3次アーミテージレポート作成メンバーによる「幻の講演」全邦訳!
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/62519

 「アーミテージさん、ありがとうございます」。2月22日、日米首脳会談のために米国を訪問していた安倍総理は、会談後に行ったCSIS(米戦略国際問題研究所)の講演で、冒頭こう発言した。そして、昨年8月15日に発表された『第3次アーミテージレポート』に書かれた「日本は二流国家に成り下がってしまうのか?」という問いに、馬鹿丁寧に「アーミテージさん、わたしからお答えします。日本は今も、これからも、二流国家にはなりません」と述べ、講演を始めた。ジャパンハンドラーが下した「指令」に対する、日本現役総理からのダイレクトの「応答」である。

■「第3次アーミテージレポート」の中身(仮訳)についてはこちら
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/56226

   映像、動画あり

■この動画は、「CSIS Live」による安倍総理講演のユーストリーム動画アーカイブです。
安倍総理の発言全文はこちら

 IWJは、昨年8月からこの指示書に注目し、取材を重ねてきた。 この「第3次アーミテージレポート」が発表された6日後の8月21日、このレポートを作成したメンバーである、ランドール・シュライバー氏が、東京の日本財団ビルで、笹川平和財団主催で講演会を行った。シュライバー氏は、「アーミテージ・インターナショナル」の共同設立者であり、まさにアーミテージ氏の右腕・後継者ともいわれる人物である。講演会では、このレポートの内容を解説しながら、日米関係の強化の必要性を強調した。

 この講演は、米国が日本に対して何を押しつけようとしているか、その本音がむき出しとなった重要な講演である。IWJは、この講演会を中継したが、シュライバー氏の許可が降りなかったため、アーカイブに残すことができなかった。「幻の講演」となってしまったわけである。

 しかし、IWJ以外に、シュライバー講演のすべてを報じたメディアは皆無であり、このまま重要な手がかりとなるこの講演を、「幻」のままに終わらせてしまうわけにはいかない。そこで、この全編英語で行われた講演会の模様を、すべて邦訳し、分析を加えながら、メルマガ第48号(2012年9月13日発行)で、「野田政権の『勝手に決める政治』の裏に米国の露骨な要求」と題し、明らかにした。今回は、その模様を一般会員向けに公開する。

 「改憲・憲法第9条の改正(集団的自衛権の行使)」、「原発の推進」、「TPP交渉参加推進」、「中国との緊張の維持」と、この指示書の指令を忠実に実行しようとしている今、あらためてこの「露骨な要求」の中身を振り返ってみたい。

■関連記事

・2013/02/25 日米首脳会談で日本側の「成果」なし 安倍首相が前のめりで進めるTPPの危険性 〜文化放送「夕やけ寺ちゃん活動中
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/60783

・2013/02/23 「TPPについて、自民党が掲げた公約は守られない」 〜岩上安身×孫崎享 特別対談!
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/61170

・2013/02/21 郭洋春教授 緊急インタビュー 一部文字起こしつきブログ記事
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/59810

号外速報! 日米首脳会談 安倍首相、結局腰砕け!? TPP「すべての物品が交渉の対象」総理の説明は矛盾だらけ
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/60550

・2013/02/19 「日本は早くTPP交渉に参加すべき」ヘリテージ財団・CSISなど、若きジャパンハンドラー達が日本に提言 〜笹川平和財団主催パネルディスカッション
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/58886

この民主党PTの激論の模様は、4.5.6号、14.15.16号と、数回にわたりメルマガで配信しています。これらも含め、過去全てのメルマガをサポート会員向けに公開しています。また、最新号をご覧になりたい方は、まぐまぐとニコニコのブロマガで購読することができます。
posted by てんぐゆうたろ at 20:30| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。