2013年03月18日

水谷社長が小沢秘書への裏金は嘘だったと書面にしそれを石川議員が証拠申請して飯田判事が却下したのでは裁判は無意味である。

 水谷社長が小沢秘書への裏金は嘘だったと書面にしそれを石川議員が証拠申請して飯田判事が却下したのでは裁判は無意味である。
                           2013年03月18日21:06  

 3月17日 全国民に知らせたい情報「小沢検察審の検察審査員はホントにいたのか」 (一市民が斬る!!) http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/312.html

 小沢検審起訴議決は疑惑や謎が多すぎる。
 通常起こりえないことや説明しえないことが数多く報告された。
 「検察審査員の存在」「審査会議の存在」の確たる証拠は何ひとつ示されていない。
 「審査員はホントにいたの?」の週刊誌記者の問いに、審査員選定くじ引き責任者の手嶋健東京第一検察審査会総務課長は「いた......と思います」と答える始末だ。

 小沢検察審について、多くの証拠や文献、そして現場での調査、資料分析等から、次のように結論せざるを得なかった。
 「検察審査員は存在しなかった」
 「審査会議は開かれなかった」
 「小沢強制起訴議決は架空議決だった」
 「この罠を仕掛けたのは最高裁だった」

 ここに、小沢検審議決を「架空議決」と結論付けた根拠と『最高裁の罠』のカラクリを明らかにする。
                続くーーー


 と書かれているように、小泉、竹中政権時に小泉、竹中大臣らや官僚らに取って不都合な鈴木宗男元議員や佐藤優外務官らを国策的に、彼らを排除しようとする大きな力が動きを鈴木宗男元議員らをして国策捜査だと言う言葉を皆が知る役割を彼らは果たしてくれた。

 それにも懲りずに米、JH'sらジャパンハンドラー、勝栄二郎元財務次官ら売国奴官僚が主導し、政権交代し、アメリカからの自立を言いだした鳩山外し、小沢潰し、小沢排除を繰り返し、菅直人財務大臣を首相にと言う謀略
売国奴勢力の官僚らのクーデター、巻き返しに乗った変節漢、菅直人首相、菅新内閣の真相、裏話!(天狗のささやき)
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/766.html
>を企てた。

 更にーー

 大犯罪、検察は放火犯、大マスコミ、NHK、テレビ、大新聞らは大火災の幇助罪で大罪だ! (天狗のささやき)
http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/311.html

 小沢一郎を悪者にして飯を食う売国官僚や検察、大マスコミ、NHK、テレビ、大新聞ら、それらに巣食うダニ(天狗のささやき)
http://www.asyura2.com/11/senkyo108/msg/402.html

 小沢一郎元代表の無罪が見えて逃げ出した特捜の首謀者、大鶴基成検事たち!(天狗のささやき)
http://www.asyura2.com/11/senkyo116/msg/449.html

 と書いていたように検察、NHKや大マスコミは小沢潰し、小沢排除を繰り返していたのです。

 また時の政権らや米政官業電の悪徳ペンタゴンらをカモフラージュにして以下に書いた如く、米、JH'sや売国奴官僚らは検察やNHKや大マスコミらを使って小沢潰し、小沢排除を手を変え、品を変えて起訴だ、裁判だと繰り返し、テレビ、新聞、雑誌、週刊誌らを使って陰湿且つ執拗に情報操作、印象操作を繰り返し、更には不正選挙までし、徹底して小沢潰し、小沢排除を繰返している。
 今やNHKや大マスコミらはそれらより酷い、無視と言うか、全く小沢関係については報じなくなって来ているのが今の政界、法曹界、報道界らで検察、裁判だけを印象付けようとしているが今の姿、社会です。


 にも拘らず、検察、マスコミらは懲りずにまたも、彼らは既得権益を死守する為に、自民党らやマスコミ界を手玉に取っている既得権益の牙城、官僚社会を荒らされたら大変と、売国奴官僚らはアメリカ、CSISやネオコン、ヘリテージ財団ら、ジャパンハンドラーらと語り合って政権交代の立役者、小沢一郎元民主党代表を検察、裁判所、NHKや大マスコミらを使って今も尚、以下の1)、2)の転載記事の如く排除に懸命なのです。


 1)
 小沢の秘書がたかが期ズレで有罪だそうである、記入ミスですらないのである、冤罪である、バビロンの圧力である。
http://www.asyura2.com/12/cult10/msg/812.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2013 年 3 月 17 日 22:33:39: /puxjEq49qRk6

 西松詐欺がばれ水谷詐欺がばれ審査会詐欺がばれ記入ミスですらない事がばれそれでも有罪だそうである。

 検察もマスコミも判事もそんな事は分かっているがバビロンから小沢を潰せと命令されて無理矢理有罪にしたのである。

 その理由が立ち小便より罪の軽い期ズレだというのだから司法は終わりだし起訴を取り下げない検察も捏造報道を取りさげないマスコミも終わっているのである。

 馬鹿でも子供でも分かる理由で証拠もなしに有罪と決めつける裁判所など不要であり無実の者を起訴する検察も不要な存在でそのお先棒を担ぐマスコミももうない方がましなのである。


 小沢事件の意味は司法・立法・行政・報道・財界・米国が完全に耐用年数を過ぎた事を示しておりバビロンも世界に君臨する資格も能力もない事を示しており統治の仕組みを根本から変えなければいけない時期にきたという事である。

 TPPにしてももはや言語と言えるレベルではなく猛獣のわめき声を文章にしたかのような馬鹿げた内容でバビロンは犬畜生にも劣る知能しかない事を示しているのである。

 幸い連中以外の99%の人類はまともであるからなんとか社会も世界も回っているがクルクルパーを頂点に据えるのはお猿の電車より危険でありもはや限界である。

 お飾りならいいが余計な事を次から次へと繰り出してくるバビロンのくそじじいは棺桶に幽閉すべき段階である。


 2)
 水谷社長が小沢秘書への裏金は嘘だったと書面にしそれを石川議員が証拠申請して飯田判事が却下したのでは裁判は無意味である。
http://www.asyura2.com/12/cult10/msg/814.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2013 年 3 月 18 日 12:00:47: /puxjEq49qRk6

 バビロンは大多数の者に小沢のダーティーイメージを植え付けられればそれでよしとしているようだがその一方で小沢の冤罪を確信した人がじわじわと増えている事を甘くみているようである。

 小沢事件はもはや小沢を裁く裁判ではなく裁判所がバビロンの脅しと買収に屈した時にどのように法治国家を維持すればよいかに移ってきており司法・立法・行政の三権分立では国家を維持できない事を示しておりTPPも同じである。

 911も311も状況証拠が無数にありバビロンが自作自演で起こしたテロである事は公然の秘密という感じだがネット以前であれば証拠を隠滅し口封じをすれば事足れりだったが小沢事件は証拠を隠滅できずに権力側の犯罪が明らかになった珍しいケースである。

 小沢を無罪として司法がかろうじて一線を超える事を踏みとどまったかにみえたが秘書も無罪判決にしてしまうと一から十まで小沢を嵌める為に仕組んだ犯罪である事が確定してしまうから小沢を無罪で秘書を有罪として小沢捜査は誤りではなかったと言い張る作戦に出たという事だが少し調べればガキでも馬鹿でも西松事件も冤罪で水谷事件も冤罪で検察審査会事件も不当なものであるばかりでなく架空議決であった事が分かるもので司法は死んだどころではなく蒸発したという感じである。

 日本から司法が消えて腐り果てた立法と行政がバビロンの言いなりとなって暴走を始めたという事で国家の危機というより三権が自ら自分の存在意義を捨てたような感じである。

 実際に直接民主主義のかわりに間接民主主義を採用してここまで来たがスマホを手にすれば誰でも思うようにもう中央集権も官僚制度もいらず双方向の商社や問屋は意味があるが一方的に命令するだけの間接部門ならダイレクトインでいいのである。

 バビロンもそれが分かっているから間接民主主義を捨てて時代遅れの王政に戻そうと思っているのだろうが今や連中が由緒正しくない海賊・盗賊の子孫に過ぎず農耕民族の長が下から一定の評価を得ているような権威もなくその中で専制政治に戻そうというのだから無理が二重にあるのである。

 従ってその試みはいくら武力でごり押ししても自ずと限界がありエコノミックヒットマンという手法も一部や一時的であれば有効に機能したかもしれないが世界中でそれもだらだらと続けては傀儡自体が国民から反発されて脅しと買収の意味がなく小沢事件も検察・マスコミ・司法が買収されているのが国民に丸見えで小沢の評判も不当に落とされたがその何倍もバビロン以下パシリの信用が地に堕ちた訳で差し引きマイナスの悪巧みである。

 今回私が関心したのは高齢国家の日本は想像がついたが若い国も政治の中枢が腐敗してもなんとかかんとか秩序を維持している事でありこれだけ複雑な謀略を仕掛けられたシリア国民が内戦まで起こされてもどうあるべきかが分かっているのは大したものでありこれからバビロンが朝鮮戦争詐欺から始まって世界中に内戦を仕掛けようとしているようだが連中の望む結果にはならぬ筈である。

 戦争詐欺を起こしにくい時代だから対テロ戦争詐欺を始めてそれもばれてスティルス戦争詐欺だのショックドクトリン詐欺を始めてそれもばれて古典的な戦争詐欺に戻ってもうまくゆく訳がないのである。

 そう考えると連中にしてみれば余りに馬鹿げている事は分かっていても天体詐欺や宇宙人詐欺に走らざるを得なかったのもうなずけるが当然ながら人類はそれに乗らずにバビロンの馬鹿さ加減を決定付けただけだったという事である。

 TPPというのは知れば知るほど恐ろしいというよりも連中の馬鹿さを宣伝しているようなものだがここまで来ると連中がどの時点で自身の愚かさを悟って自滅していくかがみものである。

 今の状況はカラオケが苦手な者や隠し芸が苦手な者に小林幸子を歌えとかどじょうすくいをやれとか強要しているようなものでいくら脅されようができないものはできないのであり人類は体を張ってでも反発するのであり連中も筋の悪い選択をしたものである。

 バビロンはとてつもない馬鹿だから焦りも手伝っていけいけかもしれないが馬鹿になりきれないパシリのモチベーションの低下は手に取るように分かり空中分解は必定である。
posted by てんぐゆうたろ at 21:55| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。