2013年03月17日

TPPは批准前、発効前が勝負である、日中露は対米債権国である、中露は反対である、米国民も反対だから潰せるのである。

 TPPは批准前、発効前が勝負である、日中露は対米債権国である、中露は反対である、米国民も反対だから潰せるのである。
                      2013年03月17日19:46

 ■日本のTPP交渉参加、米で賛否…2国間協議へ
(読売新聞 - 03月17日 10:09)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2360769

 日本でもTPP参加(NHKや大マスコミの捏造世論調査ではTPP参加も賛成派が多く、安倍内閣の支持率が高いとなっているが)に反対の人は半数以上いると思う、ロシア、中国、インドネシアなど多くがTPPに参加していないし、米で賛否…2国間協議へなら、TPP参加などせずに、何故日米の二国間でFTAを協議しなかったのでしょう。

 時に、TPP参加はアメリカの植民地になると私も思うが多くの人が思ってもいるし、日米修好通商条約や日米安保(地位協定も含む)、郵政改革と同様に不平等条約で、TPP参加は以下にツイートした如く見合わすべきです。

 TPPはあの不平等な日米通商条約や日米安保らと同様に郵政民営化より酷い従米隷属政策となる!http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/448.html 日本企業で米国政府を訴えられる企業なんてない」 http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/927.html 安倍首相以下、幕末の人々より悪く、不勉強で悪質だ!

 「TPP交渉参加表明「国益」損なう拙速な判断」(3月16日)http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/449610.htmlTPP交渉参加表明 国益守る保証が見当たらない」(3月17日)http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201303177140.html 二紙とも極めて正鵠を射た指摘を示している。

 TPPショックは国民覚醒の一大チャンス http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/305.html 一貫して米ペース TPP 事前協議の舞台裏http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/304.html 今日本は改革し独立国家になれるか、隷属の自民党政治の逆戻りか分水嶺http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/300363203.html

 TPPはあの不平等な日米通商条約や日米安保らと同様に郵政民営化より酷い従米隷属政策となる!http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/344319266.html 「TPP参加後、植民地の奴隷にされるhttp://m-hyodo.com 菅直人が言い出した時から判っていることを何で参加するのか?

 安倍氏TPP交渉参加表明 NHK大越記者腰抜け質疑 (植草一秀の『知られざる真実』) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/275.html <亡国政治が本格始動><永田町は春雷>http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/297.html このような声が為政者やNHK、大マスコミらには聞こえないのか?

 米で中国潰し 経済的、軍事的に牽制 TPP交渉参加http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/280.html 「TPPは中国包囲網?」馬鹿を言ってるね?アミテージらJH'sらに唆された売国奴官僚らのメッセンジャーボーイが安倍や石破だって判らないのかな?自民党の機関紙、産経、フジも地に堕ちたね!

 とツイートしたように、不正選挙で捏造され、作られた安倍再自公政権に対し、米国からもTPP参加に反対することは以前から言われていたのに、米、JH'sのCSIS、ネオコン、ヘリテージ財団らの狗、手先の売国奴官僚らの言いなりのNHKや大マスコミは原発再稼働、消費増税、TPP参加について、全て隠蔽し、捏造された安倍首相らをヨイショ、ヨイショと称賛だけを報じられていると国会議員らまでも自公、維新、野田、前原民主党、みんなの党らも選挙で選ばれたように錯覚し、正当な状況だと思ってしまっている人が多く見受けられる。

 そんな調子ですからアメリカでもTPPに反対しているグループ、人がいると言う事をNHKや大マスコミは報じて来なかったから、多くがNHKや大マスコミらが安倍内閣の支持率が7割だとか報じる通りで良いと思っている人が6割も、7割もいる、それで良いに思っている人がいるようだが、実態は闇の中で、インターネットの数字の通り意外と反対している人が多いのです


 結論的には

 TPPは批准前、発効前が勝負である、日中露は対米債権国である、中露は反対である、米国民も反対だから潰せるのである。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1896017342&owner_id=8712738

 になると私も思っています。

 以下は「■日本のTPP交渉参加、米で賛否…2国間協議へ」のニュース記事です。

 > 安倍首相が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に正式に参加表明したことを受け、米国では、政府や経済団体から歓迎する声明が相次ぐ一方で、一部の議員や自動車業界は反対を表明した。

 米国は今後、日本に対して、2国間の協議と交渉参加国が顔を合わせる本交渉の双方で市場開放を迫る構えだ。

 ◆歓迎と警戒

 米通商代表部(USTR)のマランティス代表代行は、日本のTPP交渉参加表明に「歓迎する」との声明を発表した。米国のコメ生産者で作る「USAライス連合会」も歓迎の意向を表明した上で、日本がより開かれた市場になることに期待感を示した。

 一方、議会や自動車業界には、米国にとって世界第2位の貿易赤字国である日本がTPP交渉に参加することへの警戒感が強い。

 米自動車大手(ビッグスリー)で作る業界団体「米自動車政策会議(AAPC)」は15日、「米政府に日本の参加を容認しないよう強く要請する」と交渉参加に反対する声明を発表した。

 通商問題を所管し、米政府に強い影響力を誇るデイブ・キャンプ下院歳入委員長(共和)も「支持を取り付けたければ、未解決の障壁、特に自動車と保険の問題を解決する完全な約束が不可欠だ」とけん制した。

 米国内では、非関税障壁や農産品の高い関税が立ちはだかる日本市場は、閉鎖的とのイメージが根強い。貿易自由化に前向きな議員が多い共和党だが、キャンプ氏の声明の底流には、長年の不信感がありそうだ。
posted by てんぐゆうたろ at 21:13| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。