2013年03月16日

NHKや大マスコミ、それらに巣食うみのもんた、辛坊治郎らや御用評論家、学者、また時事、共同らの田崎史郎、後藤謙次らの解説は何なのでしょう?

 NHKや大マスコミ、それらに巣食うみのもんた、辛坊治郎らや御用評論家、学者、また時事、共同らの田崎史郎、後藤謙次らの解説は何なのでしょう?
2013年03月16日07:31  

 彼らは「不正選挙:昨年末の衆院選:480の議席で反原発、反消費増税、反TPP参加を表明していた議員が当選したのがたった20名だと言う事も有り得ない話! http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/321880646.html」と書いたことを隠す為に昨年の12月16日の第46回衆院選選挙以降にこれらを目眩し、スピンする為に偏向報道を繰り返し、今も下らい案件のニュースを連日流したりと必死なのです。

 昨年の12月16日の第46回衆院選選挙は小沢潰し、小沢排除の為に以下に書いた如く米政官業電の悪徳ペンタゴンらが総出で国策的に不正選挙をしたと断言して問題はないと思います。

 この度の円安、株高も、野田ら当選を担保に解散も、小沢排除も、衆院選の不正選挙で安倍再自公政権の政権奪回も、米国、JH'sと売国奴官僚らが仕組み、演出した結果だ!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/311822321.html

 アメリカを向いた売国奴官僚らとアメリカが仕組んだ今回の円安、株高は形を変えた為替介入、振り込め詐欺だ!
               2013年01月05日07:42  

 急激な株安、為替変動(何時もは円高、株安、今回は円安、株高)はアメリカの「振り込め詐欺」の常套手段だ!http://www.asyura2.com/11/hasan72/msg/789.html

 今や為替や株価の上下にハラハラドキドキする馬鹿など存在せず、ムサシの集計ソフトをいじって不正開票を、不正集計をしているのと同様に八百長で操作している事は子供でも知っている。全て虚構、やらせが判らない?

 と書いた通りで、この度の円安、株高も、野田ら当選を担保に解散も、小沢排除、小沢潰しも、衆院選の不正選挙で安倍再自公政権の政権奪取も、米国、JH'sのアミテージ、J.ナイらや売国奴官僚らが事前に仕組み、NHKや大マスコミらを使った国を挙げての国策的な演出だ!ったと言って反論出来る人がいるだろうか?
               続くーーー

 と書き、また

 売国奴勢力の官僚らのクーデター、巻き返しに乗った変節漢、菅直人首相、菅新内閣の真相、裏話!(天狗のささやき)
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/766.html

 と書いていた通りで、アメリカの意向を汲んだ勝栄二郎前財務次官ら売国奴官僚らが小沢潰し、小沢排除を至上命題にして、既得権益を死守する為に再度自公政権の府県の為に谷垣禎一自民党総裁を抱き込み、消費増税10%を言わせ、菅直人を首相にし、経済音痴の菅に唐突に消費増税10%を、またTPP参加を言わせ、更に当時野田佳彦財務大臣を抱き込み、薬籠中のモノにして野田首相を演出、その戦略の上で米政官業電の悪徳ペンタゴンらを巻き込み、国策的に不正選挙までして捏造、作られた安倍再自公政権を誕生させたと言うのが真相、実相だと言って間違いないでしょう!

 と書いたりしていたが、また

 「禁断の木の実」に手を出した安倍首相http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/249.html 円安、株高も、不正選挙で政権奪回も、米国、JH'sと売国奴官僚らが演出した結果だ!http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/311822321.html これらは昨年8月に日経がアミテージ、ナイらを招聘した時に仕組まれたことだ!

 とツイートしたが、米、JH'sや売国奴官僚、特に勝前財務次官ら売国奴財務省らの言いなりのNHKや大マスコミ、テレビ、またそれらに巣食うみのもんた、辛抱治郎らや御用評論家、学者、また時事、共同らの田崎史郎、後藤謙次らの解説が正しいと思っているのだろうか?

 彼らは「不正選挙:昨年末の衆院選:480の議席で反原発、反消費増税、反TPP参加を表明していた議員が当選したのがたった20名だと言う事も有り得ない話!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/321880646.html」と書いたように考えられない結果を隠蔽する為に必死になって安倍再自公政権や維新の会、石原、橋下両代表のことやみんなの党らを、また円安、株高、アベノミクスだと偏向報道を繰り返しているのが実態だ。

 そんな中でも以下の元三菱総研の[高橋乗宣の日本経済一歩先の真相]の託宣のようなものや植草一秀元教授の「3月16日付ブログ記事「安倍氏TPP交渉参加表明NHK大越記者腰抜け質疑」http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/tppnhk-dc88.html メルマガ第518号記事「万死に値する安倍晋三氏のTPP交渉参加表明」http://foomii.com/00050 より一部転載」のようなツイートが真相を伝え、正鵠を得ているのではないだろうか?

 NHKや大マスコミ、またそれらに巣食うみのもんた、辛坊治郎(、田原総一朗)らや御用評論家、学者、また時事、共同(出)らの田崎史郎、後藤 謙次らの解説は何なのでしょう?


 「禁断の木の実」に手を出した安倍首相 [高橋乗宣の日本経済一歩先の真相] (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/249.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 3 月 16 日 00:21:00: igsppGRN/E9PQ

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8292.html
2013/3/15 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ

 国債が売れなくなっているそうだ。財務省によると、今年度(12年7月〜13年6月)の個人向け国債の販売額は、前年度実績を3割下回る見通し。2兆5000億円の販売目標にも届かないとしている。

 理由は明白だ。金利が安く、投資対象としての魅力に欠けるのである。巨額マネーを運用する機関投資家にとっても、状況は同じだ。積極的に日本国債を購入するメリットは、ほとんどない。結局、国債の買い手は日銀ぐらいとなる。

 そんな流れに拍車を掛けるのが、安倍政権の「大胆な金融緩和」だ。安倍首相は、日銀法改正までちらつかせて白川総裁を脅し、2%の物価目標をのませた。中央銀行を政府の配下に置き、思い通りの方向に動かす考えである。

 これは国家を滅ぼす行為だ。安倍首相は禁断の木の実に手をつけた。非常に危ない道を進んでいる。

 日銀が、政府の求めに応じて国債をせっせと買えば、価格は高止まり金利は上がらない。それでも日銀は国債を買い続ける。その上、黒田新総裁は、社債などのリスク資産も購入すると言ってはばからない。日銀の資産価値はどんどん低下していくだろう。中央銀行としての信認も揺らぐことになる。

 こうなると、円安だって止まらない。日銀の使命は通貨の安定だ。それが唯一にして最大の仕事だが、このまま資産を買い続ければ、バランスシートが傷み、日銀券の信頼まで損なわれてしまう。

 一部では、「1ドル=100円まで進む」との声もあるようだ。そんな水準で止まる保証はない。日銀は国債を引き受ける代わりに日銀券を発行し、市場をジャブジャブにするのだから、なおさらである。猛烈な円安を覚悟しなければならないだろう。

 問題は、グローバル時代の円安に利点が少ないことだ。円安になれば輸出が伸びて賃金や雇用機会が拡大するというが、輸出企業の多くは生産拠点を海外に移転している。いまさら国内生産を増やそうという状況にない。しかも、輸入価格の上昇で生活コストはバンバン上がる。そんなマイナスを打ち消すほどのプラス効果があるとは、到底思えないのだ。

 中央銀行を隷属させる安倍首相の態度は、国民の暮らしを破壊して、国家の根幹をグラグラにするのである。

 以上で本文は終わり

 ところで、> 一部では、「1ドル=100円まで進む」との声もあるようだ。 は時の財務官僚ら手の平で踊っていた仙谷由人元民主党幹事長が自分の存在感を示そうと得意げに円安は「1ドル=100円まで進む」と昨年に言った為に、冒頭に「この度の円安、株高も、野田ら当選を担保に解散も、小沢排除も、衆院選の不正選挙で安倍再自公政権の政権奪回も、米国、JH'sと売国奴官僚らが仕組み、演出した結果だ!http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/311822321.html」と書いたがお喋りな仙谷由人元幹事長は財務官僚らに嫌われ、切られた為に当選を担保されずに落選したと言うのが真相だ!

 敬称略
posted by てんぐゆうたろ at 19:15| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。