2013年03月04日

CSIS、JH's、ヘリテージ財団らの主導の下、アメリカは日本を戦争に「巻き込む」計画である!

 CSIS、JH's、ヘリテージ財団らの主導の下、アメリカは日本を戦争に「巻き込む」計画である!
                          2013年03月04日06:08  

 2012/3年の第三次世界大戦も見えざる政府、奥の院に依って仕組まれている!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/242990135.html

 アミテージ、ナイらJH’sらやヘリテージ財団らの舞台で踊った石原慎太郎都知事の無謬の政治家としての陥穽
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/299650201.html
 と書いていた通り、第三次世界大戦は矢張り想定通りアメリカに依って仕組まれているのが以下のツイートした如く計画されているのが透けて見える。

 大東亜戦争(第二次世界大戦)の時にアメリカは毛沢東、蒋介石などを巧みに使って「アジア人同士に殺し合いを行わせろ。それが米国の利益だ。」と言う戦略と同じ戦略を取って来ているようだ。

 CSISやネオコン、ヘリテージ財団等に通じた勝栄二郎前財務次官らの財務官僚ら売国奴官僚らの主導の下、谷垣禎一自民党総裁を踊らせ、菅、野田を手玉に取り、不正選挙までして安倍再自公政権を作り、着々と戦争に駆り立てているのが私には見える。

 戦争はなぜ起きるのか 戦争てんでんこhttp://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/11108667.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter 安倍晋三、寛信兄弟が復活させた「日本の死の商人」 http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/11108199.html アメリカは日本を戦争に巻き込む計画だhttp://tengunosasayaki.seesaa.net/article/286979133.html ネオコン、CSISらに注意

 「あれは公約じゃないっ(キリッ)」って逃れるとはね。さすが安倍晋三「美しい日本」の体現者だhttp://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/617.html コメント@ペテン師・大嘘つきの安部晋三は2枚舌、表裏使い分けの奸賊である!それに口裏を合わせる田村厚労相共々、安倍自民党は国賊・売国奴集団である。

 TPPに加盟し、更なるグローバル化が進展すると国家主権も民主政治も消滅する運命に http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/487.html TPP、理念はあるか/化けの皮がはがれ始めた TPPに反対する経済評論家・内橋克人さんhttp://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/620.html 日本は米の属国になる!

 戰後のGHQに據る日本洗腦政策、これを見直ししないと政権交代の意味がない!http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/448.html <アメリカが日本にやった焚書坑儒>南京大虐殺はアメリカが捏造したウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムhttp://www.asyura2.com/12/hihyo13/msg/684.html 見直しを

 「安倍政権が快進撃の陰で日本が長い間守ってきた大事なものがひとつずつ失われている感じがするhttp://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/608.html TPP交渉参加で「二千年に及ぶ日本の文化がたった二百年の歴史の国に壊されるのかhttp://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/598.html 日本を売った安倍!

 CSIS、JH's、アメリカは日本を戦争に「巻き込む」計画であるhttp://tengunosasayaki.seesaa.net/article/286979133.html 日本と中国との戦争を誘導せよhttp://www.asyura2.com/09/senkyo57/msg/559.html 日中戦争を仕掛けるアメリカの陰謀!駐日大使ジョセフ・ナイhttp://www.youtube.com/watch?v=2OvNBdmKl0o

 とツイートした如く、「アメリカに、官僚にノーと言え、国益を、政治を語れるのは亀井静香前大臣、また小沢一郎前幹事長しかいない。(2) http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/270798102.htmlと書いた如く日本の取るべき道は日本の在り方を述べるべきだと言った小沢一郎、亀井静香議員らを排除し、原発再稼働、消費増税、TPP参加に目眩し、スピンしながら戦争に駆り立てているのがアメリカだと言うのが以下の転載記事で明らかではないだろうか?

 以下は転載記事です。

 日本と中国との戦争を誘導せよ。ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」。米駐日大使にジョセフ・ナイ氏!!
http://www.asyura2.com/09/senkyo57/msg/559.html
投稿者 tk 日時 2009 年 1 月 11 日 02:00:44: fNs.vR2niMp1.

 オバマ大明神のご命令とあらば、戦争に向けて邁進するのかな?

http://alternativereport1.seesaa.net/article/93305639.html

2008年04月14日
日本と中国の戦争を画策する者達
以下、過去記事の再録。

ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」
― Bipartisan report concerning Japan ―

 この米国政府の戦略文書は、かつてCIAを統括する米国大統領直属の国家安全保障会議NSCの議長で、同時に東アジア担当者であり(クリントン政権)、後に安全保障担当の国防次官補であったジョセフ・ナイが、米国上院下院の200名以上の国会議員を集め作成した、対日本への戦略会議の報告書である。

 ナイは現在、米国の政治家養成スクール、高級官僚養成スクールであるハーバード大学ケネディ行政大学院の院長であり、そこから輩出された無数の政治家・行政マンの司令塔となっている人物である。この人物が「事実上」、米国の政策を起草している。


 その内容は以下の通り。

1、東シナ海、日本海近辺には未開発の石油・天然ガスが眠っており、その総量は世界最大の産油国サウジアラビアを凌駕する分量である。米国は何としてもその東シナ海のエネルギー資源を入手しなければならない。

2、そのチャンスは台湾と中国が軍事衝突を起こした時である。当初、米軍は台湾側に立ち中国と戦闘を開始する。日米安保条約に基づき、日本の自衛隊もその戦闘に参加させる。中国軍は、米・日軍の補給基地である日本の米軍基地、自衛隊基地を「本土攻撃」するであろう。本土を攻撃された日本人は逆上し、本格的な日中戦争が開始される。

3、米軍は戦争が進行するに従い、徐々に戦争から手を引き、日本の自衛隊と中国軍との戦争が中心となるように誘導する。

4、日中戦争が激化したところで米国が和平交渉に介入し、東シナ海、日本海でのPKO(平和維持活動)を米軍が中心となって行う。

5、東シナ海と日本海での軍事的・政治的主導権を米国が入手する事で、この地域での資源開発に圧倒的に米国エネルギー産業が開発の優位権を入手する事が出来る。

6、この戦略の前提として、日本の自衛隊が自由に海外で「軍事活動」が出来るような状況を形成しておく事が必要である。

 以上のように、米国は日本海の「パレスチナ化」計画を策定しており、米国は日本を使い捨てにする計画である。そして、この計画の下に自衛隊の海外活動が「自由化」され始めている。


 上記の米国エネルギー産業とは、もちろんロックフェラー=ロスチャイルドの事を指している。

 このロックフェラー=ロスチャイルドの利権のために日本軍と中国軍に「殺し合いを行わせる」、これが米国政権中枢の戦略文書に明確に書かれている。

http://alternativereport1.seesaa.net/article/111841481.html

2008年12月28日
動き出す「戦争屋」たち

拙稿「日本と中国の戦争を画策する者達 」より続く。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/93305639.html

 かつてCIAを統括する米国大統領直属の国家安全保障会議NSCの議長であり、同時に東アジア担当者であり(クリントン政権)、後に安全保障担当の国防次官補となったジョセフ・ナイ。

 そのナイは現在、米国の政治家養成スクール、高級官僚養成スクールであるハーバード大学ケネディ行政大学院の院長となり、そこから輩出された多数の政治家・行政マンの司令塔となっている。ナイは長年、「事実上」の米国の政策のナビゲーターとなって来た。


そのナイが、米国上院・下院、民主党・共和党の200名以上の国会議員を集め作成した、対日本・アジアへの戦略報告書「Bipartisan report concerning Japan」には、「米国は、中国と日本との紛争・戦争を助長し、それを誘発する戦略を取る」と明確に語られている。

アジアにおける超大国である中国と日本が紛争を起こし、場合によっては戦争を起こす事は、超大国同士が「疲弊」し、米国のアジアにおけるプレゼンス・地位を「大きく」し、「アジア・コントロール」を容易にする。日本と中国が戦争を起こせば、両国に兵器を納入している米国軍事産業が「莫大な利益を得る」。


分割して統治する。

「アジア人同士に殺し合いを行わせろ。それが米国の利益だ。」と言う戦略である。

 米国産の狂牛病に犯された汚染牛肉の「輸入」が現在も継続しているが、その報道は全く行わない日本のマスコミ。一方で、深刻な事実ではあるが中国の食品汚染の報道から、ダンボール肉マンといった「デマ報道」に至るまで、日本人の反中国感情を「アオル報道だけは連日、繰り返される、異常なアンバランス」は、ナイ・レポートに記載された米国の対日戦略を「無条件に、ウノミ」にする事によって展開されている。

 現在、このケネディ行政大学院は、ドバイに一大拠点を形成しつつある。

「アジアに、対立と紛争・戦争を引き起こし、漁夫の利益を得る」ケネディ行政大学院の「戦略」は、アラブに向かってターゲットを絞りつつある。外来種であるサウジアラビア王家が打倒されるのは、いずれ時間の問題である。「アラブに、対立と紛争・戦争を引き起こし、漁夫の利益を得る」ナイ戦略は、ナイ直系のズビグニュー・ブレジンスキーをブレーンとするオバマ次期大統領によって、「どのように画策・実行されて行くか」、注視と監視が必要である。
posted by てんぐゆうたろ at 06:33| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。