2013年03月02日

「リーク草案でわかったTPPの正体とは?TPP参加は表向きは貿易協定ですが、実質は企業による世界統治です。」

 「リーク草案でわかったTPPの正体とは?TPP参加は表向きは貿易協定ですが、実質は企業による世界統治です。」
                          2013年03月02日18:13  

 【TPP参加は「表向きは貿易協定ですが、実質は企業による世界統治です」】
 例えば<医薬品や種子の独占権が強化され、医薬品価格つり上げのため、後発医薬品を阻止する案まである>

 この度の円安、株高も、野田ら当選を担保に解散も、小沢排除も、衆院選の不正選挙で安倍再自公政権の政権奪回も、米国、JH'sと売国奴官僚らが仕組み、演出した結果だ!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/311822321.html

 タカ派の安倍がTPPで自己矛盾 シッチャカメッチャカな“アベのミスマッチ”  (世相を斬る あいば達也) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/589.html

 「日本は冷遇された」事を認めた毎日新聞編集委員http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/519.html リーク草案でわかったTPPの正体とは?http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/591.html 失われた20年の次は「失われる100年」の民族の死!TPPはー http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/347.html

 とツイートし、

 安倍独裁政権の暴走で国民は地獄に叩き落される (陽光堂主人の読書日記) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/582.html

 ”小沢一郎代表「TPPでのアメリカの狙いは農業ではなく保険、医療、知的所有権というデカいものを狙っている!」”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/574.html

 “@84guchi: 『これがTPPの毒素条項だTPPの毒素条項を解明する〜これでもTPPに参加するのか!アメリカの目的は日本の植民地化だ-アメリカの奴隷になるのか驚愕の不平等条約である』 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=273291&g=122101これ読んで思う事 日本終了 米国人間牧場!

 米国市民団体がTPP秘密交渉を告発した驚愕の報道内容 (天木直人のブログ) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/594.html
 まずこれを黙ってみていただきたい。
  http://www.youtube.com/watch?v=HLVKAalmD48

 ここで流されている米国の報道録画は衝撃的だ。
 この録画を日本の国民が知ったらTPP協定などとんでもないという事になる。

 『TPPで日本は完全にお終いになります。』http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51871526.html

 と書かれたり、また以下の如くーー

 安倍訪米、TPP参加表明、安倍晋三首相は完全に日本を売り渡したようだ。
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/331916030.html

 安倍訪米、TPP参加表明、安倍晋三首相は日本を売り渡したようだ。NHKや大マスコミらは何の為に存在しているのだろうか?
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/331587138.html

 と書いたように、若し、安倍晋三、安倍首相、安倍自公政権がTPP参加すると言う事はタイトルのことや以下のことが解ってTPP参加をする積りなのだろうか?

 リーク草案でわかったTPPの正体とは? (Democracy Nowより)
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/591.html
投稿者 sarabande 日時 2013 年 3 月 02 日 17:35:32: kYKXZZnG43LB6

 天木メルマガで知った、インタビュー動画。
 デモクラシーナウは、ウェキリークス事件の時から注目していたが、しっかりした仕事を根気よくやっていた。TPPの26章中、貿易関係は2章だけというのが、衝撃である。以下、動画サイト2つの紹介と部分的な文字起こしです。15分程度ですが、全部見る価値は、十分すぎるほどあります。案の定の草案とは思いますが、これこそ、ザ・原始的蓄積過程、あるいは、ザ・コーポラティズムで、民主主義的な手続きや国民主権による立法をも無力化しながら利益を得ようと邁進するドラキュラの正体といえる。
TPP推進派は、もし自分がドラキュラ
ではないというなら、自分が推進しようとしている草案をオープンにして交渉するように努力すべきである。

http://democracynow.jp/video/20120614-2
http://www.youtube.com/watch?v=HLVKAalmD48

デモクラシーナウ キャスター  エイミー・グットマン女史
「リーク草案でわかったTPPの正体とは?」

パブリック・シチズン  ウォラック女史
「表向きは貿易協定ですが、実質は企業による世界統治です」

「全26章の内、貿易関係は2章のみ」
「他はみな企業に多大な特権を与え、各国政府の権限を奪うものです」
「これでは国庫の略奪です」
「これは、1%が私たちの生存権を奪うツールです」
「600人の企業顧問には草案へのアクセス権を与えながら
 上院貿易委員会のワイデン委員長はカヤの外です」
「ワイデン氏は、核関連の機密も知る立場なのに
 貿易協定という名の『企業の権利章典』は見られない」
「TPPはいわばドラキュラです。陽に当てれば退治できる」
「企業の権利の世界的な強制なんて私たちは許さない
 民主主義と説明責任に反します」
「意見をいうことはできるが、環境から消費者、労働者まで
 公益はなにひとつ反映されない」
「TPP交渉内容は、締結後4年間は非公開という密約もあった」
「TPPの狙いは貿易ではなく、セメントのような作用です
 一度固まったらおしまい、全員が同意しないと変更できない」

「リーク草案が示唆するのは司法の2重構造です
 国民は国内法や司法をつかって、権利を護り要求を推し進めますが
 企業は別建ての司法制度を持ち、
 利益相反お構いなしのお抱え弁護士たちが
 いんちき国際法廷に加盟国の政府を引きずり出し
 勝手に集めた3人の弁護士が政府に無制限の賠償を命じるのです
 規制のおかげで生じた費用を弁済しろとか
 不当な扱いを受けたとか言って
 国内の企業には同じ規制が一律に適用されているというのに」
 
 「NAFTA以来 大企業は貿易協定を姑息に使って
  規制を押さえ込み、底辺への競争を煽りました
  交渉のたびに規制が緩和され企業の権限は拡大した
  今回がとどめです いったん固まれば門戸を開き
  広く参加国を募ります
  企業の特権化を保証する世界的な協定になりかねません
  為替と貿易制裁が強制手段です
  TPPは強制力のある世界統治体制に発展する恐れがあります」

 「世界的なオキュパイ運動に対する企業側の反撃です
  旧来の悪弊が一層ひどくなる
  さらに、交渉のゆくえによっては、既存の国内法が改変され
  進歩的な良法が無くなるばかりか
  新法の制定さえもできなくなる
  
  医薬品や種子の独占権が強化され、医薬品価格つり上げのため
  後発医薬品を阻止する案まである
  各国の金融規制も緩和させられ高リスク金融商品も禁止できない
  米国政府が金融制度改革で規制強化を進めている時にです」
  
 「TPPは地域産業の優先を禁じます
  地産地消や国産品愛好は許されないのです
  環境や人権に配慮する商品も提訴されかねません
  TPPは企業に凄まじい権力を与えます
  密室だから過激になった
  どこの国の人々も、こんなものは御免です
  過激な条項を推進するのは米国政府です
  だから、陽の目にさらして分析することが重要です
  何が起きているか人々に知ってほしい」
  
 「クリントン時代にNAFTAを通過させた連中が好きにやった」
 「1%の夢なのです。ありったけの金とロビイング力をつぎこんで
   未来永劫に力を振るうのです」  
posted by てんぐゆうたろ at 18:33| Comment(0) | 政治、経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。