2013年03月01日

がんの検診をやめたら死亡率が激減!死亡率が半分に! 厚労省、製薬業者、医者らは何なのでしょう?

 がんの検診をやめたら死亡率が激減!死亡率が半分に! 厚労省、製薬業者、医者らは何なのでしょう?                               2013年03月01日20:19  

 「早期発見すればがんは治る」のに、いまだにがんが死因のトップなのはなぜ?http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/645.html手術をするかどうか決めるのは医者ではなく自分自身。本当に手術する必要があるのかしっかり考える必要があります。

 と書いたように、戦後の、否、今までの常識、定説、成功体験、肩書、学歴など、全て信じているととんでもない事にされそうです。 手術をするかどうか決めるのは医者ではなく自分自身。本当に手術する必要があるのかしっかり考える必要がありますと書いた通り医療だけでなく何事においても自分で決める必要があることを示唆し、教えています。

 医療幻想: 「思い込み」が患者を殺す http://amzn.to/13eArhO 点滴は血を薄めるだけ、消毒は傷の治りを遅くする、抗がん剤ではがんは治らない……。日本医療を覆う、根拠のない幻想の実態に迫る!

 癌医療のタブー:効かない抗癌剤、寿命を縮める手術が横行するカラクリ・・医者の家族は放射線治療!http://www.asyura2.com/09/health15/msg/749.html 医療幻想: 「思い込み」が患者を殺すhttp://amzn.to/13eArhO滴は血を薄めるだけ、消毒は傷ーー、抗がん剤ではがんは治らない

 ついに心臓発作死までPM2.5のせいだと言い出した 米大学「PM2.5増加で心臓発作死が増える」 http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/426.html また日本政府は日本人は外報が、外人が言うと信じると思い、放射線被害を目眩し、スピンの為に外人まで利用して中国が犯人扱いに仕出したようだ。

 放射線管理区域に暮らす http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-12383 X線撮影やCT撮影する所は『放射線管理区域』で、4万ベクレル/m2を超える可能性があり、一般人は立ち入りを制限されている。文科省の調査で、福島の62%、栃木の58%、千葉の50%、東京の12%がこの値を超える。

 p.twipple.jp/XHLxw 如何に米国が高医療費の割に平均寿命が短く、日本が低医療費で長寿なのかが分かる。 TPP参加で国民皆保険が崩壊すると、医療費が上昇、平均寿命が低下という、全く割りに合わないことになる。判ってるのかな?日本の売国奴官僚や自民党、NHKらは?

 著名人の急死が目立ち始め偽ユダヤは中国のPM2・5が原因と偽キムチマスコミに報道させ始めたが原因はストロンチウムである。 http://www.asyura2.com/12/cult10/msg/725.html福島の死亡率が非常に高くなっているそうだ

 対処療法に終始している現在の医学では低線量被曝の時代には通用しない。今の医療現場ではガイドラインに沿って患者をベルトコンベヤーに乗せ新薬を売りつけ自動的に薬を処方していくのが是とされている。このかい離による矛盾が低線量被曝の時代を覚悟しないといけない私たちに降りかかってくる。

 日本医師会、新聞広告「当たり前の様に、誰もがいつでも医療を受けられる国民皆保険制度は、今年で50年目、今、その存続が危ぶまれています。日本医師会は医療に格差を作らない為にこの制度を守り続けます」=>貧しい方も、豊かな方も、平等に医療が受けられる、正に日本の宝、国民皆保険制度!!!

 とツイートし、また書かれているように日本の政府やNHK、大マスコミら恐怖、不安をまき散らし、更に厚労省、製薬会社、医者らは悪のトライアングルの如く(良い面もあるが)薬事法を弄び、自分らの利益になる事しか考えてない如くである。
 それらをカバーしているのが日本の宝、国民皆保険制度であるが今やそれも不正選挙で捏造された安倍再自公政権でTPP参加でそれさへも壊されようとしている。


 私たちは今まで政府も、各省庁や官僚らも、政治家たちも、NHKや大マスコミらも、また厚労省や製薬会社、医者らも信じていたが何もかもが信じられなくなりました。 

 曰くーー

 早期発見すれば癌は治る」のに、未だに癌が死因のトップなのはなぜ? 厚労省、製薬業者、医者らは何なのでしょう?
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=8712738&id=1894368147
                 2013年03月01日17:57  

 「早期発見すればがんは治る」のに、いまだにがんが死因のトップなのはなぜ? http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/645.html 手術をするかどうか決めるのは医者ではなく自分自身。本当に手術する必要があるのかしっかり考える必要があります。がんの検診をやめたら死亡率が激減!死亡率が半分に!

 とツイートしたが、がん、癌って病気を食い物にしている厚労省、製薬会社、医者らは何をしていたのでしょう? またこれからも厚労省、製薬会社、医者らは何をしようとしているのでしょう?  

 癌だけでなく、医療を弄んでいるのが薬事法と言う法を玩具にして厚労省、製薬会社、医者らが日本の医療を歪めていると見て良いのではないだろうか?

 「早期発見すればがんは治る」のに、いまだにがんが死因のトップなのはなぜ? (WEB本の雑誌) 
http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/645.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 3 月 01 日 07:34:59: igsppGRN/E9PQ

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130301-07000029-webhon-ent
WEB本の雑誌 3月1日(金)7時0分配信

 2月24日に第85回アカデミー賞の授賞式が行われました。2012年1月に死去したデザイナーの石岡瑛子さんは映画『白雪姫と鏡の女王』で衣装デザイン賞にノミネートされていましたが、残念ながら受賞を逃しました。

 石岡さんはグラミー賞やカンヌ国際映画祭芸術貢献賞など世界的な賞を多数獲得し、日本の褒章のひとつ「紫綬褒章」も受章した日本が誇るデザイナーです。

 そんな偉人が亡くなった原因は膵臓(すいぞう)がん。厚生労働省の統計では、がんは日本人の死因のトップです。少しでも死亡率を減らすため、国は「早期発見・早期治療」を提唱し、年に1度は検診を受けるようにすすめています。

 ですが、いまだにがんが原因で死亡する人は減っていません。慶應義塾大学医学部講師の近藤誠さんは、著書『医者に殺されない47の心得』で全がん死亡率は1960年代から50年間下がっていないと言います。

 検診で早期発見しているのに、死亡率が下がらないのはなぜでしょう? 近藤さんはその理由を「検診が、何の役にも立っていないから」だと言います。

 50歳を越えた男性の2人にひとりは、亡くなったあと解剖すると「前立腺がん」が見つかるそうです。ですが、これは放っておいても大きくならないがん。それにも関わらず最近は検診で『前立腺がん』を見つけては手術を迫られると近藤さんは言います。その結果、不要な治療をされて、手術の後遺症や抗がん剤の副作用、精神的なストレスなどで早死してしまうことが多いのです。

 実際に、がんの検診をやめたら死亡率が激減したという例も。1989年に信州の泰阜村で胃がんなどの集団検診をやめたところ、以後6年間は胃がんの死亡率が半分に減ったそうです。

 また、近藤さんは「患者さんががん手術の直後に亡くなることはとても多いのに、裁判で争われることがとても少ないのも不思議」と述べています。がんなら、世界最先端の日本の医療技術でも治せないのなら仕方がないと思っているのでしょうか。しかし、苦しみ抜いて亡くなる原因はがんでなく抗がん剤。「こうして『がんは放っておくとみるみる大きくなって痛み、命を奪う恐ろしい病気という誤解が広がっていく』と近藤さんは指摘しています。

 手術をするかどうか決めるのは医者ではなく自分自身。本当に手術する必要があるのかしっかり考える必要があります。
posted by てんぐゆうたろ at 20:37| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。